新着Pick
372Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ご視聴、ありがとうございます!

通勤は働き方と表裏一体ですね。7月に久しぶりに一度だけ電車に乗りましたが、かなり混雑で、オフィスに戻る圧力は相当だなと思いました。本当に職場に向かわねばいけないか、家で仕事できるのか、意味のある移動か、真剣に考えたいですね。

ところで、今回は冒頭の振りなど、バラエティっぽかったでしょうか?
ぜひ、ご意見お聞かせください!
満員電車での通勤は間違いなくなくなるだろうと思う。ポイントは定期代支給がなくなるほどのリモート勤務がどの程度当たり前になるか?
移動が少なくなれば、鉄道以上に駅のトラフィックを利用して商売をしてきた付帯事業は厳しい。
鉄道の賃上げは必死なので、駅に隣接する商業もあり方が変わってきそう。日常からより嗜好品的な店舗が増えるのか?D2Cブランドなどの体験の場が増えるのか?
通勤を完全に無くすのではなく、頻度を減らす動きが増えてくるんでしょうね。
実際、大抵の会議はオンラインで事足りるとはいえ、人間関係が出来ていない状態でのミーティングやクリエイティビィティが求められる打ち合わせなどでは、対面であることの重要性に気づいた人も多いのではと思いました。

あと後半の話にあったパリの事例は現地で感じてみたいなと思いました。
満員電車で通勤する人を下に見てるような傾向がすごく違和感があるが、個人の問題ではなくて、その時間帯の移動が最もよいとされる組織側の問題であることの方が多いと思う。様々な事情で人気の時間帯にその電車に乗るわけで、その仕事がやりたい人はやればいいし、満員電車に乗りたくないことが上回るのであればナニカを変えるべき、というお話。
「満員電車は辛い」と言いながら、わざわざ混んでいる特急や快速、急行に乗り込む人もいるのでは。満員電車はもちろん嫌だけど、余裕を持って行動して、各駅で移動するだけでも違うんだけどなぁ。