新着Pick
224Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日のファイザーワクチン6000万人分合意に引き続き、アストラゼネカからは1億回分以上合意見通しとのこと。ファイザーのBNT162とアストラゼネカのAZD1222は共に新型コロナウイルスが細胞への侵入に使うスパイクタンパク質の設計情報を私たちの細胞内に届けて、細胞を工場として使うことで免疫応答を誘導する同じコンセプトのワクチンです。

それぞれ届ける方法が異なり、BNT162はmRNAを脂質ナノパーティクルに包んで運び、AZD1222はアデノウイルス(細胞内増殖しない弱毒株)に運んでもらいます。どちらもワクチンとしては新技術、治験進行中で実用化の結論は出ていませんので異なる技術を使う複数社と合意を進めるアプローチはmake senseだと思います。

7/31 ワクチン6000万人分で合意、米製薬企業(ファイザー)と日本政府https://newspicks.com/news/5113295
このところ、厚生労働省の活躍ぶりが目立っている。
前回のファイザーのワクチンに続いての快挙。
もちろん開発が成功すればとの前提付きですが、
とにかく打つべき手は打つべきで、その仕事をしっかりやっている。ワクチン争奪戦はますます激しくなるはずで、
パワーゲームになるだろう。
日本がうまくやっているのは、国民として素直に喜ぶべきだ。
各社のワクチン開発が同時並行で進んでいますが、どれが有効で実用化するかはまだ未知数なので、事前の交渉もそれぞれと行っていくことが重要ですし、そのあたりの交渉は国に期待。
アストラゼネカ、オクスフォード大学のワクチンはトップランナーの中でもまさにトップランナーのワクチンで、第三相試験の結果が最も早い段階で公表される可能性の高いワクチンの一つです。

既存のインフルエンザワクチンなどと異なり、遺伝子情報を体に届けて、人の体にウイルスの模倣品を作らせ、免疫反応を起こさせるというタイプのワクチンです。

他のワクチンで二回接種の試験が行われているのとは異なり、今のところの試験が一回接種で行われており、これで十分な有効性が証明されれば、単純計算で倍の方にワクチンが届けられるということになります。投与法の最終決定は、第三相試験の結果を待つ必要があります。
少なくともワクチンのおかげで医療関係者などは一定の安心感を得られると良いと思います。

今のままだと、社会全体の不安感が鎮静化する大きなきっかけがありません。これがそのきっかけになると良いと思います。
イギリスとの報道みました。素晴らしいと思います。日本が米英との協力を安保以外に拡大させ、強固にし、5カ国同盟に正式に加わる第一歩と私は見ています。勿論まだ足りませんので次の経済安全保障のカードに日本として投資することが重要です。
アメリカのCDCからもワクチンの完成や期待について、発表がありました。日本もしっかり役割を見つけ、助け合う関係作りが必要です。
厚労省、グッジョブ。来年の夏までに間に合えば、少なくともオリンピックで日本に来ても心配はないですよ、ということになりますね。問題は日本に来る人たちがワクチンを打てるかですが、少なくとも外国の感染者が来てもワクチン接種した日本人は大丈夫ってことになります。
アメリカはワクチンの普及にむけ冷蔵倉庫やコンテナの調達が始まりました。期待感は相当に高まってます。
ファイザーに6000万人分に続いて、アストラゼネカと一億人分の契約です。9月から日本国内で臨床実験ですから、数ヶ月後には、ワクチンが使えるようになりそうです。
外資系製薬企業のの雄、アストラゼネカがファイザーに先手を打って日本市場にワクチンを導入してきそうですね。
ファイザーやモデルナも後々、日本市場へ投入してくるの、、か。
しっかりとした供給量と価格(薬価はつくのかな?)が示されないと厚労省も合意しないでしょうし、期待を持てそうですね。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア

業績