新着Pick
492Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
楽曲までTikTokと同じようにしっかりと用意されていてその素早さに驚きました。
これをビジネスツールとしてどのように使うか楽しみになってきました。
ただその反面インスタグラムのブランドステージにTikTokで見るような下品な動画が並ぶのかと少し思ってしまいました。
できれば別アプリにして欲しかったななんて思ってみたり。
とは言いつつ、BGMをフルに使ってエモい短編動画を作って15秒で人を感動させることができるツールには間違い無いので前向きに捉えて早速今日から活用したいと思います。
TikTokは若い子ばかりで批判も凄いため使えませんでしたがリールなら使えそうです。
Twitter→リール、リール→YouTube、リール→Webサイト、リール→LPとまた新たな流入口ができました。
人気 Picker
インスタのTikTokのような短動画コンテンツ配信。
拡散に大切な発見タブの占有率が今高く、なにかな?と思って使ってみるところだと思います。
わたしたちも自社メディアとブランドで発信にトライしています!

TikTok のように特化してはいないのでこれからどのようにユーザーに使われ、どのようなタブをインスタ側が出していくのか注目です。
インターネットの、特にSNSの歴史はコピー合戦の歴史でもあり本件もたまたま時期が今になっただけだろう。

しかしこれにより改めて強調されるのは、Facebookは端からTiktok買収に名乗りを挙げることすら許されなかっただろうし、そう考えるとMSが自ら名乗りでて今に至るのではなく、本当は政権側から持ち掛けられたのだった、という報道が出ても不思議ではない気がしてくる。
TikTokの代替アプリのポジションを狙った競争が激化していますね。

ただ、忘れてならないのは、「何故TikTokなのか?」という強みです。

「短編動画」は表面的なもので、その裏にある「リコメンド機能」がTikTokの強みです。

単に「短編動画」の機能を実装するだけでは、到底代替アプリにはなれません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
TikTokが全盛期であれば勝ち目があるかわからない事業だったはずだが、このタイミングであればTikTokの「空白」を埋める受け皿として十分勝算があるのではないか?
インスタグラムにとって予期せざる追い風は、同時に火中の栗を拾う行為でもある。facebook/instagramは、これからその振る舞いに悩むかも知れない。
REELSの新機能だが、Snapchatとストリーズ機能のときのようにリプレイスが上手くいくのか、Facebook社の手腕が試される。

個人的には楽曲をどうするのか、とても気になっています。
安定のFacebookの戦略…対Snapでは成功したが、今回はどうなるか。事業廃止となったときには受け皿としてより有利になるだろうし、MSなどに譲渡となったときにはそこから顧客・ユースシーンを奪えるか。
インスタがTikTokコピーのリールズ(Reels)を追加。タイミング的には絶好。多くのTikTokのインフルエンサーを引き抜くチャンス。まあコピーは上手いのでしっかりしたものに仕上げてくると思うw
今までSNSのコンテンツはアメリカ主導で動いていたのが、ティックトックの出現で変わろうとしています。
ティックトックの急激な広がりは無視できません。
アメリカ国民のほとんどがティックトックをやるようになると、個人情報が中国企業に筒抜けになってしまうからです。
安全保障上の観点で、アメリカ政府は動いているのだと思います。
政府がインスタグラムに要請したのかもしれませんね。
最近、Facebookと政権が仲が良いようなので、根拠がありませんが、想像してしまいます。
Facebookの後追い力は本当に強いですよね。競合が出てきたら良いところを直ぐにうまく取り入れていく。今後どうなるか楽しみです!
いつもの包み込み戦法ですが、今回はよりタイミングがいいですね。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
92.1 兆円

業績