新着Pick
384Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
生きてきた時代が違うから、価値観や考え方も全く変わるんだという結論に辿り着きました🐷

経済政策の話にであれば会話が成立するものの、資産運用の話になると会話が成立しなくなる親子の話です…

ご笑覧ください😅
人気 Picker
投資運用のブランディング記事(広告記事)のなかで、『今の株式市場は明らかにバブルですよ』、『「年金に毎月5万プラスできれば……」という幻想が、個人を無理な投資に誘導してきたんだよ』という言葉が出てきたり、親子でバチバチやりあっていて、それが本当に面白い(失礼!)。
未来は分からない。「誰かが言っているから」ではなく、それも情報として自分が意思決定をしていくことが重要。パーソナルファイナンスという観点では、入金・支出・蓄積・運用の4種類。自分の時間をどこに使うか(仕事するほど入金は増えるが、仕事以外の時間は減る)、支出をどうするか(どれくらい使う・節制すると心地よいかは人によって違う)、その差分で蓄積ができたとして、それをどう運用するか(運用しないことも選択肢、運用でリターン・ロスが出たときに自分がどう感じるか)、すべて価値観が関わる。運用だけの意思決定ではなく、自分の人生での時間とお金の意思決定だと思っている。
確かにウィズコロナの勝ち組企業はキャッシュリッチな企業だと思います。ただ、マクロで企業がキャッシュリッチになってしまうと、日本みたく企業部門が貯蓄超過主体になって、経済成長の停滞要因となるでしょう。
親子ともに経済アナリストの森永卓郎氏と、
ご長男の森永康平氏に、
“withコロナ”の歩き方と個人投資家の心構え
について語っていただきました。

都内と所沢市のデュアルライフを送る
卓郎氏の話に魅力を感じつつも、
康平氏と同世代の身としては、
やはり人生100年時代の働き盛りの世代は
「生涯、資産運用をコツコツ続けていく」
という覚悟も必要なのだと
実感しました。

丁々発止の経済アナリスト親子対談、
ぜひ、ご高覧ください。
「ブームとなってから投資すると死ぬ」というのが投資の鉄則、今の相場に出遅れたと思う人は無理して資金を突っ込まなくてもいいと思います。
正しい資産運用≒手数料の安いもの選んで放置
https://twitter.com/nafco355/status/1218460696137961472?s=21
親子喧嘩?が面白い。

所沢にに住んで畑をやれば生活費は節約できるでしょうけど、簡単にそれが出来れば苦労はしないんですが。
森永製菓株式会社(もりながせいか、Morinaga & Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の大手菓子製造業者。森永乳業とは兄弟会社の関係で、同一敷地に本社を構えておりモリナガグループを形成している。コーポレートメッセージは「おいしく たのしく すこやかに」。 ウィキペディア
時価総額
2,111 億円

業績