新着Pick
139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東京の6月末までの“感染者数”累計は6,225人、死者数累計は325人でした。 “感染者数”が再び増加に転じた7月を含む8月3日現在の“感染者”数累計は13,713人、死者数累計は333人ですから、7月以降は約1か月で“感染者”が7,488人と急増する一方、死者数は8人にとどまっています。陽性者の容体が急に変わって急死する原因が分からず医療現場も混乱していた最初のころとは大分に事情が違いそう。
都の公式サイトには陽性者数と判断次第で数字が動きそうな重症者数の足取りは出ているけれど、一番客観的に測れるだろう死者数は経緯が辿れる形で出ていない。8月1日に行われた詳細の公表にしても、6月末現在の数字で発表し、感染者が急増しながら死者が増えていない7月の数字は省かれています。そのあたりもどんな考え方でなされたものなのか・・・ 感染者ならぬ検査結果の陽性者の動きだけで本当に”悪化傾向”と断言してよいものかどうかさえ分からぬところがありそうに感じないでもありません。経済活動の再開に比較的前向きに見える政府と経済活動の閉鎖に積極的に見える東京都との間には、かなり温度差がありそうです。「小池知事は今後の推移次第で都独自の緊急事態宣言を出す」とのことですが、東京は日本経済の大動脈。東京都で商売をする人にとっても日本経済全体にとっても死活にかかわる問題で、こんなに判断が割れていて良いものか (・。・;
フランスの状況も、少し似ている。7月ごろからは、感染者数が再び増え始めても、重症者は少なかった。日本と同様、新規感染者の多くが若者だったからだと言われている。しかし、8月3日には、死者が29人、新規に集中治療室入りした患者が16人となった。重要な点は、4月8日以来初めて、集中治療室に入っている患者数が前日より増加(13人増)となったことである。ただし、4月8日の時点で集中治療室に入っていた患者総数は7000人を超えていたが、今は400人未満だ。なので、これまた日本と同様、根拠なく過剰に反応する必要はないだろう。それでも、増加に転じたというのは不吉で、マスク着用の義務化を課す自治体が増えている。
日本で感染が確認された人の割合は人口の0.03%です。

報道が過熱していますが、米国は1.5%なので、日本はだいぶマシな方です。最近は、コロナにかかること自体よりも、コロナにかかった結果、世間にコロナ感染者としてさらされることを恐れるようになっています。
私は明らかに政府の失策だと思います、結果論かもしれませんが。前回の緊急事態宣言で何とか抑え込んだ後に、経済の振興と感染拡大防止を並行してやらないといけないところを、感染防止を全国一律でやらないといけないところを地方自治体と民間の自助努力に任せてしまいました。本当の意味で経済も堅調に回したいのであれば、人が安心して動ける環境を作らないといけなく、そのためには徹底した広範囲な検査の実施と感染者の隔離しかなかったはずなのですが、それをやりませんでした。特に日本人はリスク回避を優先しますから、自身が安心して動けると感じる環境でない限り、どんなお得なキャンペーンをやっても、人は動かないと思います。ここまで感染が広がったのを抑えるには、再度の緊急事態宣言しかなく、それで抑え込んだあとに、改めて感染拡大防止を徹底して実施するしかないと思います。そうしないと、このお盆は愚か、秋の行楽シーズンも、年末年始も、人は動かないと思います。中期的視点を持って、改めて何をすべきか、考えてもらいたいと思います。
NPもpv稼ぎたいのは分かりますが、過去最高数字更新したときだけプッシュ通知出すんじゃなくて出すならエブリデイ出したほうがいいのでは、と思ったり。

それか全く出さないか。。
8月3日までの陽性率が7%になったのが嫌な感じ。これまでは、6%台だった。
せめて見出しだけでもいいんで、新規感染者数以外に、新規重傷者数、新規死亡者数を載せて貰いたい。

新規感染者数だけ載せて不安を煽るメディアが多すぎ。
100人だろうが1千人だろうが自分が陽性かもと考えて他人に移さないことですよね。ましてや接触の心当たりのない人はPCRの結果なんて気にしても意味ないですし。
数字を見てこんな感じか。
と慣れた感。
これより厳しい感染予防はできそうもないので、このままなんとなく日常を送っていくしかないんだろうな。
新型コロナウイルスの東京都での新しい感染者は309人と報告されているそうです。