新着Pick
56Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
民主党はは基本的に国防に関心が低く、中国に対してはマーケット重視でした。クリントン政権では、中国系アメリカンの寄付が問題になっていたほどです。バイデン氏も副大統領で日本を訪れ、対中に強い発言をしたかに見えて、その足で中国に行き、中国が喜ぶ発言をしていました。
 オバマ政権でも国防長官に共和党を指名しています。
グリーン氏のインラビューを読むと、民主党といえども、後戻りしないということですね。インタビューでもあるように、バイデン氏が当選した場合の国防長官とNSCのトップに注目です。
 トランプ氏の場合は、2期目はさらにトランプ劇場になるでしょう。
ブッシュ政権時代にアジア政策を担い、現在CSISのアジア上級副所長を務めている戦略家のグリーン氏よる、バイデン氏の対中政策の分析。まだ公でバイデン氏の政策が発表されていない中、このような分析が日本語で出るのはとても重要。トランプ政権はバイデン氏は中国に弱腰と主張しているが、それを否定する議論。
引用1"ポンペオ国務長官の対中演説は、国家の崩壊を勝利の定義としているように聞こえる。米国民は特定の分野では中国との協力を望んでいるし、米国の同盟国で中国共産党の崩壊を目指す連合に加わろうとする国はない。イデオロギー的に戦線を張ることは中国との戦略的競合に役立たない。“
←んだんだ。最近のオサーンやりすぎ。

引用2“韓国やシンガポールのような(米中どっち付かずの)戦略的曖昧性の追求は最悪のやり方だ“
← 同盟国もついて行けない極端な姿勢を取る上述国務長官ドノにも責任の一端がある気がが…┐('д')┌
どこからも「見出しを作れる」記事。