新着Pick
113Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世界的にワーケーションが当たり前になってくれば、受け入れ地の住民とのソーシャルディスタンスも可能で感染リスクも低いリモートな地域ではワーケーションの誘致が進むと思います。移動による感染を避けたいと考える人も多いと思うので長期滞在型になってくるのではないでしょうか。
一方でヒルトンや星野リゾートが成功している地域内に留まるマイクロツーリズムがトレンドになっていますが、それと同時にワーケーションも世界的に広がる可能性を秘めていると思います。
旅行は、今住んでいる地域に留まるか、思い切って遠いリモート地に長期間留まるかという選択になり、感染という観点やライフワークからも移動を最低限にするスタイルになっていくのではないでしょうか。

https://www.businessinsider.jp/post-217342

https://president.jp/articles/-/37236
既に世界中でオーバーツーリズムが問題になっていた。アフターコロナの旅行はよりESGに配慮した形で、きちんと対価を支払うハイエンドから復活してくると考えている。この記事はその点で納得感がある
陸の孤島と昔から言われる地域に住んでますが、貸切・離島ってキーワードはほんと魅力的ですよね。「秘密基地」みたいなワードの魔力とロマンがある。

あとは日本国内でも通信網がぜんぜん整備されていない地域もまだまだあるので、自分の立ち位置的にはそのあたりに早く力入れてほしいです。
日本全国を電気・電波で網羅することができれば、一次産業においても様々な問題が解決できるし、旅行や観光の新しい可能性が広がるのにな~と想像しています。
貸し切り離島に行けるお金持ちはいいんだろうけど、庶民には無理。星野リゾートのような貸し切り風であっても単価は高い。密を避ける旅行というけど、そもそも旅というのは、密のあるところに集まることをいう。旅の醍醐味は、風景や神社仏閣を見物するというより、本質的には異質な人間との触れあいです。もっといえばそこの現場で様々な人間のウイルス交換です。それがない旅なんてきっと味気ないものになるでしょう。
ビジネスにおけるキーワードとなった「非接触化」の派生みたいなもんですね。
『空港や港で簡単に検査ができるようになれば、搭乗・乗船直前に検査が行われ、陽性の場合はその時点で旅行は中止。「旅行に行くものとして出発前の行動が不適切」と判断され、旅行代のキャンセル代は払われない…。』

あり得る未来ですね。。
エミレーツ航空は、乗客がコロナにかかった場合、治療費と隔離にかかる費用を負担するという新しいサービスを打ち出していました。

もう少し落ち着いてきたタイミングで、そのような航空会社を使って、密を避けた旅行をしたいなぁと思います。
富裕層向けの「旅行のThe New Normal」の一例ですね。

富裕層と一般旅行者の間には、一定の格差が生じてしまうと考えています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
関連記事一覧
捨てるべきは「適応」。ストレスの時代に、自分本来の姿に戻るという解決策
Forbes JAPAN
317Picks

1年3ヶ月の「監禁」生活を乗り越えた男が語る、コロナ自粛疲れに打ち勝つ極意
BuzzFeed
231Picks

人事関係者が口を揃えて証言「テレワーク時代にリストラ対象になる人」5つの新基準
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
97Picks

コロナ収束後にやりたいこと、1位「外食」2位「国内旅行」
MONEYzine
35Picks

出口治明氏「ニューノーマルはかなりいい社会になるのではないか」 Withコロナで変わる国のかたちと新しい日常⑪
FNNプライムオンライン
28Picks

資産運用のニューノーマル、目指せ「死ぬまで金持ち、死ぬほど金持ち」 - 正しい知識を武器に豊かな老後を
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
23Picks

【F Ventures 両角】オンライン化で地方にチャンス、働き方は引き続き変化する
DIAMOND SIGNAL
21Picks

多様性溢れる時代だからこそ、組織に取り入れるべき「ダイバーシティ&インクルージョン」
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
19Picks

「生きていくことを肯定する音楽を」――米津玄師の変化、そして曲に託す希望
Yahoo!ニュース
15Picks

コロナ時代に年収を上げる「5つの転職術」、転職の達人motoさん直伝 - 有料記事限定公開
Diamond Online
12Picks