新着Pick

オリエンタルランド248億円の最終赤字…4~6月、売上高は94・9%減

読売新聞
東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドが30日発表した2020年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期比94・9%減の61億円、最終利益が248億円の赤字(前年同期は229億円の黒字)だった。 東京ディズニ
373Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
すごいと思う。何がすごいって、156億円の営業損失にとどめたこと。
オリエンタルランド(ディズニーリゾート)は不動産+キャスト。前年は売上1206億円・営業利益319億円。今期は売上62億円しかないないなかで原価130億円(前年同期723億円)、販管費88億円(同163億円)。
特損で閉園分を212億円は計上、そこに減価償却と人件費が含まれるとのこと。四半期なのでCF開示ないが、減価償却費は通期約400億円なので、四半期約100億円。特損の人件費など減価償却以外の部分は約100億円で、それ以外の原価・販管費と合計して約300億円(減価償却以外の1Q費用合計、前年は800億円弱で、約500億円圧縮)。
多分、キャストへの給与は大部分は止めていると数値を見る限りは思う。アルバイトであのオペレーションをやれる強さを感じる一方で、財務諸表を見ながら複雑な思いを感じないわけではない。
私もkatoさんと同じ感想。不況に強いビジネスモデルの凄さが際立っています。
売上95%減少して売上60億しかないのにたったの248億円の赤字しか出ていないこと。つまりほとんどが変動費で大幅にカットしていることがよくわかる。何をカットしているかを想像するだけで恐ろしい
これから各社決算の発表が続きますが、マイナスインパクトの大きい発表が相次ぐと思います。

それによる負の連鎖やボーナスカット等による消費経済の低迷など、景気の減退の本格化はこれから。

ネガティブな事実や印象のみの報道だけでなく、赤字決算やマイナス成長の中でも、いかにポジティブな対策が打たれている企業があるか、という視点での報道が増えることが大切だと思います。
ハコモノなのに大部分変動費で回せてる構造なのはすごい…
オリエンタルランドの経営が凄いから、ここで踏みとどまっているとも言えるけど、ディズニーのコンテンツが凄いからこそキャストが惹きつけられてるとも言えるのかな
数字作るためにネットで別の商品を押し込んだりしないところが本当にさすがだなと思う。そんなのされたら浅ましさで夢が覚める。
人件費の大半が変動費であるメリットが出てますね。
ここで生計を立てていたキャストに対しては複雑な気持ちです。
ディズニーリゾートの休業が全てですね。
オリエンタルランドは2020年4-6月期の連結最終損益が248億円の赤字になったと発表。過去最大の赤字となりました。
決算短信
http://www.olc.co.jp/ja/news/news_olc/auto_20200716463771/pdfFile.pdf

決算説明会資料
http://www.olc.co.jp/ja/news/news_olc/auto_20200730470305/pdfFile.pdf
株式会社オリエンタルランド(英語: Oriental Land Co., Ltd.、略称: OLC)は、千葉県浦安市に本社を置く持株会社。米国のウォルト・ディズニー・カンパニーとのライセンス契約により、東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)を中心とする東京ディズニーリゾート(TDR)を運営する各企業を統括している。 ウィキペディア
時価総額
6.52 兆円

業績