新着Pick
259Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新幹線や商業施設は新型コロナウイルスに対するワクチンや治療薬ができれば戻ると思うが、気になるのはもう一つの収益の基盤である定期券。かなり抜本的な事業構造改革のアイデアを持っているのではないかと思います。駅はリモートワークのファシリティ化、省人運行の推進、路線見直しと料金の弾力化、などなど。
JR東の収益は、首都圏の通勤客や駅ナカの利用客に依存しており、そこで得られた収入を在来線維持に回すといういびつな構造でした。

わかりやすく言ってしまえば、首都圏で満員電車に乗っている人たちの支払過多で、赤字の在来線を維持してきたのです。

「赤字路線の廃止」というと地方の切り捨てのような悪いイメージがありますが、切り捨てることなく応分の負担をお願いすればいいのです。

ガラガラの電車でノンビリ通勤・通学ができる人と、満員電車で毎日厳しい思いをしている人が同じ扱いというのは、やはり不公平です。
特に運輸事業は固定費の塊を稼働率で薄めるビジネスなので、売上が6割減となれば大赤字になる。
株価は6月半ばから再度下落に転じていて、マーケットが保つ中で約3割下落。ウィズコロナで、拡大が収まっても以前ほどは稼働率が高まらない可能性もあるが、逆にここ2か月弱で相対で3割下落するほど他業界比で弱いかというと違和感。ほかの会社だってウィズコロナで経済全体が弱まれば厳しい企業が多いし、選択的消費のほうが必須消費より長期ではより厳しい状況になっていくと思うが…ショック反応の後に一定戻る前提ならJR東も同様だと思うし、そうではないなら全般に戻りすぎのように感じる。
https://www.jreast.co.jp/investor/financial/2021/pdf/quarter1-01.pdf
これから各社決算の発表が続きますが、マイナスインパクトの大きい発表が相次ぐと思います。

それによる負の連鎖やボーナスカット等による消費経済の低迷など、景気の減退の本格化はこれから。

ネガティブな事実や印象だけでなく、赤字決算やマイナス成長の中でもいかにポジティブな対策が打たれている企業があるか、という視点での報道が増えることが大切だと思います。
JR東日本の第二四半期の決算は、最終的な損益が1553億円の赤字となっています。

決算短信はこちらです
https://www.jreast.co.jp/investor/financial/2021/pdf/quarter1-01.pdf
飛行機も鉄道もこの時代の交通インフラの経営者の対応は痺れますね...

JR東日本に乗っていても、不思議と経営に対する危機意識はあまり感じないですよね。

すべて無人駅にして人件費を抑えるとか、積極的に間引きをするとか、Go Toのような自治体事業に積極的に参画するとか、生き残るための戦略を考えないと立ちうかなる瞬間が来る気もします。
電車代1.5-2倍くらいになりそうですね
「県外の人とは面会禁止」と言われたので今年は帰省を取りやめた

お盆も新幹線はガラガラ
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
2.23 兆円

業績