新着Pick
179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の地震は、房総沖で発生したM3クラスの小さな地震を検知していたタイミングで、M6近い鳥島沖からの別の地震波が到達してより広い範囲で地震となっていると判断され、過大な緊急地震速報となったものとみられます。

まず地震波が最初に検知されたのは9時36分45秒でしたが、37分33秒から房総沖で最大震度2程度とする緊急地震速報(専門家向けの情報)が出されていました。しかし38分52秒になってM7クラスの地震が発生したとして伊豆諸島で震度5強、関東の広い範囲で震度4から5弱、また東北南部から東海地方までの広い範囲に震度4を予想したことによりテレビや携帯電話に広く緊急地震速報の警報が伝達されることになりました。

過去に緊急地震速報が過大となった事例としては、2016年に東京湾でM9クラスの地震が発生したとしたものがありましたが、落雷による1地点の観測データによる誤検知であるとして一般向けの警報になる前にキャンセルされた事例があります。また2013年に和歌山県北部でM7クラスとした事例もありましたが、これも小さな地震と、海底地震計への回線の不具合がたまたま一致してしまったためのものでした。

今回は複数の地震が同時に発生してしまったことによる可能性が高いとみられ、東日本大震災や熊本地震の際にも過大な緊急地震速報となる事例が相次ぎました。改良型の手法としてのIPF法というものも導入されているのですが、今回はうまくいかなかった模様です。

緊急地震速報は、結果的に誤報となることをあまり恐れずに作られているシステムです。本当に大地震であったとき、一秒でも早く動くことで助かる命があれば、という視点ではじまっていますので、どうぞこの理念につきご理解いただければ幸いです。
緊急地震速報には焦りました! 何事もなくてよかったです。見逃しより空振りのほうがマシといえばマシですが、あまり多いと狼少年になってしまうのが悩ましいですね。原因は何だったのかは気になります。
学校諸々で,携帯電話の電源を切らなければいけない場面で切っていないのがバレる.ご注意を.
結果的に誤報となってしまったとしても、あり得ないくらい頻発しなければ問題ないと思います。

これに怒る人はいないでしょうが、もしいたとすれば、それは怒る方に問題があると思います。
びっくりして、外出用のバッグを持ってスタンバイしてしまいました。
震源地の誤認だったようですね。
地震の多い国です。見逃すよりはマシかなと。
びっくりしました。
が、本当にこのくらい広範囲の地震だったらきちんと検知できるという事が分かったので気にしてません。
お昼のニュースで深々と頭を下げられてましたが、そこまで謝るほどのことではないかなと思いました。
年に1回くらいの誤報ならちょっとした心の訓練になるし、逆よりはずっといいですしね。
誤報であったとしても、地震がなくてよかったね!と思えばいいんじゃないかな。緊急地震速報はP波を検知した際の予報なので、誤報は時々ある仕組みです。何事もなく無事でよかったと思える人間でありたい。
「誤報」をゼロにすることは原理的にできません。
あまり、それを言い過ぎると、本当の時に警報がでなくなります。

「誤報」は、「訓練」として受け取るくらいがよいとは思いますが、反面、「誤報」があることを前提とした、復旧手順も必要ですよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
福島の温野菜が吹き飛んだのは地震計に残るレベルだったというのは噂ですかね?
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア