新着Pick
447Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先月の米国の新築住宅販売は13年ぶりの高水準で、郊外大型物件が大人気になっていますが、コロナ禍の影響の長期化で、在宅勤務をさらに延ばす企業が増えれば、益々その流れが加速するでしょう。

実際、西海岸のIT企業で働く友人の中には、庭が広い物件を探している人もいれば、既に郊外の新居に引っ越した人、転居しないまでも仕事部屋を増築した人、週末用のセカンドハウスを改築して新たな生活の拠点に変えようとしている人、などが出てきています。

自宅の改装ニーズも増えているようですから、家具や家電、園芸用品などの住宅に関連する小売業も、引き続き活況を呈しそうですね。
現時点で来年7月への延期判断は早いなあ。
「オフィス復帰を遅らせることで事前の計画が容易になる」ということは、逆に言えばそれだけフルリモートと通常の勤務に違いがあるということでもある。
ITエンジニアはまだフルリモートでの影響は少ないと言うものの、シリコンバレーに各社が集結しているのは、それだけ集まっていることにメリットがあるからなわけで。各社がフルリモートになって、業務がきちんと回っているのか、良いとこ悪いところが気になるところ。
フルリモートワークに移行する会社を称賛する風潮がある一方で、出社をし続けさせている企業への偏見が気になっています。
 
これまでの慣習でただ出勤させている企業は言語道断ですが、一方でリモートワークが出来ない仕事もあります。
 
そう言った企業で働いている人が、肩身が狭い毎日を送るのは違うなと。
Googleが年末までとしてたテレワークを来年7月まで延長。このまま原則テレワークになる会社も増えそうだ
社食、カフェ、フリースペースなど、
オフィスでの過ごし方に重点を置いていたGoogleが、リモートワークの延長を発表。
新たなスタンダードが作られていきますね。

世界的で、人数も多い会社の意思決定は大きい。
本当にワクチンができるまでこの状態がずっと続くことを覚悟しなくてはいけないようになった気がします。

ビジネスですらこの状態なので、やっぱり大勢の人が世界中から集まるオリンピックはどう考えても厳しいとしか思えません。
世界のどこよりも情報を持っているグーグルが来年の7月まで在宅勤務をするということは、それまでワクチンが完成しないということでしょうか?
年末にはワクチンができて正常にもどれると思っていたのですがショックです。
若い社員が多いでしょうから、1年間リモートと決まれば、家賃が高いシリコンバレーから引越す人も増えるのでしょう。
アメリカ人はかなり気軽に引越しをします。
今は、学校が休みで新学期前の引越しには良いタイミングですから、今決めたのかな?

シリコンバレーからサンフランシスコ辺りのフリーウェイの朝晩の渋滞は凄まじいものがありますが、あの渋滞も解消なのでしょう。
来年7月までとは凄いですね。。
でもあっという間なんでしょうね。

フルリモートが合う仕事とそうでない仕事があるので、
一概には言えませんが、一つだけ言える事は
世の中が「革命レベル」で変化しているという事ですね。
来年7月まで職場復帰が難しいとなると、東京五輪の開催も難しくなりますね~。

今後、感染者や死者が増えていく国々もあるでしょうから・・・。