新着Pick
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
小米等の中国スマホメーカー4社が参入する前は、
サムソンが首位シェアでした。
ここ最近のインド国内の反中感情の高まりは、
サムソンにとっては追い風ですね。
Huaweiを除けば、中国市場でのシェア減少をインド市場でカバーしている。
出荷台数が再度増えてきた時に、今の状態が続いていたら、中国企業には厳しい状況になるかもしれない。
Samsungはサプライヤーでもあるので、良い面もあれば、悪い面もありそう。
サムスン電子(サムスンでんし、韓国語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。スマートフォンとNAND型フラッシュメモリにおいては、ともに世界シェア1位。 ウィキペディア

業績