新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
欧州では特にESG経営に軸を置いており、特に大手企業は資金力があるからESG経営に必要な投資ができ、ビジョンを打ち出せる。そこにさらに投資家からの資金が集まる。その資金でさらにESG経営を回していくのだが、すでに物質的には飽和状態にある特に先進国において、新たな商品やプラットフォームを生み出しにくい欧州系企業にとってはESG経営しか稼ぐ方法がない、というブランディング。
その上でSDGsを設定してゲームルールを作ることで、モノの売り買い以外で資金調達できるストーリーを作り、世界に流布している。というのが2030年までとそれ以降を見据えた欧州の戦略。その波が日本にも来ている。大手企業と中小との格差はさらに広がる。
5年後の成績がどうなっているか?ほとんどは損してると思います。この手の盛り上がったテーマで成績をあげた投信を見たことがない。天井近辺で買うから儲かる確率のほうが低い。
ESGにしろ、個別株にしろ盛り上がる前に買わないと意味ないんだけど盛り上がる前には資金が集まらない。なんならファンドマネージャーも儲からないと思ってますよ。これだけ繰り返せば。
ESG投資は世界的に重要性を増してきており、主流となりつつある。この記事だけではなく、プライベートでの対談や我々、ジャパン・ソサエティーが開催したプログラムなどから、日本では企業と個人投資家の双方がESG投資を取り入れていることを知り、感銘を受けた。

世界規模の新型コロナウイルスによるパンデミックにより、環境、社会、ガバナンスというESGの3つの要素への関心が高まると共に、ESG投資が更に拡大していることは明らかである。

引き続き、より持続可能な社会の実現へ向けた取り組みが進み、その目標に向かって弊会も役割を果たしたいと思う。
CSR・CSV・ESG・SDGs

何でも良いんですが、こういった類いのテーマ型投信は、特に日本では決まって手数料が高い。

そして、情弱個人投資家に売りやすいので、証券マン、銀行員のノルマの定番商品。

しかも、特定の分野に資金が短期的に集まってしまうので、割高になりやすく、途中から投資した投資家は本当に凍死してしまう(笑)

理念や考え方は全く持ってアグリーですが、投資対象になり得るかは全く別と考えた方が良いですね。

タバコ、アルコール、兵器関連企業や潰れそうなクソミソ企業が入っているインデックスファンドの方が、長期的にはリターンが高いと思います。投資は奥が深い。

ESG投信なんかに投資するよりも、その企業の製品やサービスを購入・利用した方がいいでしょう。
かなり前からESGに取り組む企業を応援するファンドはありましたが、ここ数年で社会的にも関心が一気に高まり関連のファンドも増えていますね。
運用を初めて始める方にも分かりやすいのかなと思います。
元々グリーンファンドで張っている、欧米ユダヤ金融の思うツボ