新着Pick
231Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
異例の4日間協議に及んだ今回の会議の争点は3つ。①規模、②資金の性質割合、③使い方の承認方法、です。④で法の支配条項というのもあります。

①については欧州委員会案の7500億ユーロという総枠では前回会合から既定路線として受け入れられていました。しかし、問題は②で、「補助金5000億ユーロ、融資2500億ユーロ」という欧州委員会案の比率を飲めず、倹約4か国(frugal four:オランダ、スウェーデン、デンマーク、オーストリア)とそれ以外で揉めました。最後は数字遊びで補助金3900、融資3600、その差300で決着しました。完全に面子を折り合った末の中途半端な数字です。③については当然、倹約4か国は全会一致を志向していましたが、それ以外の国々は機動性に鑑み多数決を主張していました。細かいことを言えば、「最初は補助金で部分的に渡しておいて、その使途を見ながら追加分は融資に切り替え」という線もあり得るでしょう、これから情報を追いますが、基本的に「管理したい」思想の倹約4か国と「自由に使いたい」思想の被支援国(主に南欧)の溝は埋め難いものがあると感じられます。

EUは「第三の分裂」を経験していると思います。経済格差を理由とした「南北」分裂、移民や法支配を巡る「東西」分裂、そして大国主導を嫌う豊かな国々とそれ以外という意味での「大小」分裂、です。新ハンザ同盟は今回、反対を貫くことで存在感を示しました。それが1つの目的でもあったと私は思いますし、今後もこの展開はあると思います。

追伸:取り急ぎポイントをまとめさせて頂きました。

【速報】EU、復興基金設立でようやく合意も「第三の分裂」懸念消えず。“富める小国”の反発が欧州に落とす影
https://newspicks.com/news/5086630?ref=pickstream_2460408
会議は踊る、されど進まず。しかし必ず踊り疲れ、合意に達するのがヨーロッパの伝統と言えましょう。
今回の協議の過程では、財政協調を巡る従来の南北対立から、大国主導の政策運営に対する小国の反感、つまり大小対立(我ながらイマイチなワーディングですが)が含まれる形となりました。
かねてよりEU内の対立構造は重層化していましたが、このコロナ禍でそれがまたハッキリと見えたような印象が強いです。
‪EU史上2番目に長い首脳会議でした。‬最長記録は東方拡大が議題になった2000年ニースでの首脳会議。
‪今回、会期を3日延ばしてまで決着にこだわったのは、復興基金がコロナ禍で生じたEUの政治危機を克服する象徴だと捉えられていたため。「戦後最大の試練」をひとまず土俵際で持ちこたえた、という評価です。‬
記事内容とは全く関係なくて恐縮ですが、このマスクに国旗とかEUのマークとか、わかりやすいしおしゃれですよね。
今度、TV取材を受ける機会があったら、マスクに企業ロゴ入れよう。。。と思いました。
これは歴史的な合意!メルケルとマクロンが指導力を発揮した。もしまとまらなかったらEUは崩壊へ向かったと思う。今回の7500億ユーロはユーロ債。EU全体が発行主体となって出される国債。これまでEU財務省というような機関はなかった。これは各加盟国独自だった。徴税権や財政政策も国家からEUに移ることに繋がる。分裂か更なる統合かで揺れてたけど、一旦は統合の方に揺り戻した。メルケルの最後の大仕事になってきた
なんだかんだ最後はまとまるところが凄い。
フランスやドイツの立場からすれば一歩間違えば政権を危うくします。EUの危機感的にはやらなければ、一部の国から離脱、もしくは中国に取り込まれる可能性が出てくる。
"一部の国を手厚く救済するため、事実上全加盟国が共同で債務を負う方式が承認されたことは、EU財政政策と連帯強化に歴史的意味を持つ。"
極めて歴史的な出来事だと私は思います。

この事と、日本の状況を比較して考えるに
大きな課題を感じます。

その次は、EUの財政統合に向かえるか?
ですが、そこに向かう大きなマイルストーンなのは
確かだと思います。
EUが「復興基金」創設で合意。基金総額は7500億ユーロ(約92兆円)。欧州委員会が共同債を発行して資金を調達し、3900億ユーロを返済不要の補助金として加盟国に給付、3600億ユーロを融資するとの記事。欧州はすごい、羨ましい。東アジアではとても無理。
いつものパターン、延ばすだけ延ばすが、最終的に妥結する。各国代表が各々、自国の利益を激しく主張していることをみせるパフォーマンスを示して最後は合意する。この問題は、独メルケル首相と仏マクロン大統領が、復興資金設立で合意した時点で流れは決まっていた。これで、ユーロ共通債というユーロ圏共通の債券を発行する流れが作れたのが大きい。メルケルは大政治家で今回の最大の立役者、コロナ対策で支持率が上昇した時点を捉えて、長年の課題であったユーロ圏共通債の発行を実現させた。これでユーロ高は峠を越えて、反転下落に動くと予想する。
融資部分(返済義務あり)と補助部分(義務なし)の割合を変えるところまでは良かったが「法の支配条項」がどうなるか、という点がネックになっていた。この記事ではその辺がどうなったかはよくわからない。