新着Pick
1475Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
正しいんですがこれを読んだ人は「YouTubeって難しい!」って思うだろうな…

ちなみに3日前のヒカルさんコラボ企画は間もなく300万再生で

https://youtu.be/NXxr2159T2c

僕のチャンネル登録者数も開始3ヶ月で10万人登録目前まで来てて

https://www.youtube.com/channel/UCBvlx-HRqcv7GzhOCvobn4g

さらにヒカルコラボブランドがロコンドランキングを制覇中

https://www.youtube.com/channel/UCBvlx-HRqcv7GzhOCvobn4g

の僕の意見としては、そんなに難しいないですよ!って事も言いたいです。

ヒカルさんとの企画に関してはプランナー無しでヒカルさんと僕が直接連絡し合って大枠決めてあとは行き当たりばったりだし(笑)

ロコンドCHの企画構成はど素人の僕一人でやってます。

こーゆー記事読んであーだこーだ企画考えてるとたぶん何ヶ月もかかる。で、そーゆー企画はもう旬じゃないからなかなかバズらない。

じゃなくてとりあえず撮って流してみる!
そこで失敗しながら経験値を貯めていくのがオススメです。

ちなみにいまも急上昇ランキング入りしてるこの動画なんて、思いつきで一人でiPhoneで撮影したやつですから。

https://youtu.be/mYfIiGsxsjI
人気 Picker
自分のバンドもYouTube上でいろんなコンテンツを公開してます。バンドなので音楽系が中心ですが、それ以外を使うことで少ないながらも濃い関係が築けていると思います。
YouTubeは「蓄積し」「人が核になり」「攻略する」メディア。いきなりバズらせようとする人もいますが、記事で触れられているようにいきなりバズりたいならTwitterの方がはるかに楽です。

この記事はかなり参考になります。4つの壁で
・まずみてもらうための壁
・見続ける壁
・シェアする壁
・新規にみてもらう壁
が紹介されていますが、少し変えればいろんなマーケティング施策に使えるフレームワークです。
「蓄積するメディア、人が核になるメディア、攻略するメディア」というのは納得感があるし、「超えるべき4つの壁」もあるでしょう。
でも、もっとも知っておくべきことは、「企業がYouTubeに参入するのはかなり大変で、覚悟が必要」というところでは。

Youtubeを含めSNSやオウンドメディアの運営について相談されることがありますが、バズを期待せず、既存顧客とのコミュニケーションだと思ってやるか、覚悟をもって新しい人にも届けようと取り組むかは、大きな分かれ目です。

農林水産省のケースが「覚悟をもって取り組むケース」に当たるかはわかりませんが、かなり考えられていると思いますね。
https://newspicks.com/news/5091924
他の方なのだが、気鋭のクリエイターに
提案を受けたことが有る。

その時の提案を見て、自分にはYoutuberは
出来ないと思った。
自分なら絶対に見ない動画だからである。

ここで説明されている、ポイントは
物凄く理解出来る。

しかしこの動画も、正直自分には
良さが理解出来ない。
それでも、再生回数が多いと言う事は
正しいのである。

だから、企業としては、偉そうやコメントは
やめて、そのまま提案に従う事にした。
この動画見る前からのあさぎーにょファンで、動画出た次の日にみて、最後にPRでびっくりしました。
全くPRに感じないが、いつもよりかなり凝ってるコンテンツだなーと思って見入ったらサントリーのロゴが出てきた。

人が核になるメディアというのは、人間味や、その人らしさが重要になる
とありますが、まさにその人らしさが出ていたと思います。

ファンに愛されるPR投稿は、バズりますね。
コンテンツが抽象化されていて面白い!
読んでいて思ったのは、YouTubeというかそこの各クリエイターは、いうなれば「動画のD2C」。テレビが、テレビ局やタレントというマスに知られている点を武器にしてチャネルパワーで勝負しているのに対して、YouTubeはクリエイターの個性を核にしている。だからConsumerにその個性が受け入れられるかがキーだし、それが冒頭の3つの特徴にもつながると思う。アパレルなどのD2Cが、マスブランドと違って世界観で勝負するのと一緒で、逆に大きくなっていく中でキャラやコンテンツが一般的になっていけば、離反もしそう。
芸人の方がYouTubeに移行しているのも、テレビの制約が多くなってクリエイターとして個性が出しにくくなっているからといった内容を見かけたことがある。影響力が大きいゆえにできないこと、リスクという点もあれば、テレビでやっても視聴率を稼げるほど需要はないが刺さる人には深く刺さるといった点も、それを満たしている。
長期では、YouTubeが一つのコンテンツでマスまで行くのか、それともマスはテレビで、ニッチの集合をレコメンデーション含めて大量に供給するという棲み分けになるのか。いまだにテレビの一気にリーチできるパワーはすごいものがある。

一方で、冒頭の動画を見てみたが、これだけの尺をスマホやPCの画面の距離感で見るのは、自分は結構疲れた。
テレビだとながらができるのだが、スマホやPCだとそれがしにくい。
多くの方が、自分と同じように見ても疲れないのか、それとも見方が違うのか(スマホやPCでもながらでできる?)分からないが、昔に比べて尺が長いものでもテレビ以外で消費しやすくなっているという行動変容もあるのではないかと思った。
「バズらせかた」というタイトルですが、内容としては、youtubeでバズらせるのは簡単ではないし、目指すべきではない、ということですね
やはり、「人」にフィーチャーしたメディアであるというのはそうなんだろうな、と思います
その人が本気で嘘なくやっているか、というのが透けて見えてしまうという意味で、商業臭が嫌われるリスクも大きい、ということなんでしょう
壁を取り除くこと。キャラクターを前面に押し出すとか、非日常を演出するとか・・・。味をどこでどう出すかがポイント、というのがよくわかりました。動画セミナーでも同じことがいえる。このレポートにあることを参考に構成を考えてみようと思います。
人間味あふれる人やキャラクターが最強のコンテンツになるのはSNSだけではありません。特に観光・サービス業ではお客様の満足度とリピート率に大きく影響します。
結局、人を惹き付けるものは人の魅力そのものが最も重要な要素であることは、これまでも今後も変わらないのではないでしょうか。
YouTube運用の重要な点をわかりやすく言語化されていて
すごく参考になる記事でした。

YouTubeは蓄積型で本当に時間がかかるので、企業がやる場合も、腹を据えてやり続けることが重要。
個人的には、蓄積型のデメリットをカバーするために、拡散型SNSのTwitterやTikTokの運用とセットで考える必要があるかなと思います。

記事内になかった点として、コンテンツ制作に関して重要だと思うのはこの辺かなと。
・1コンテンツあたりのコストをいかに抑えるか
・量産化しやすいチャンネルコンセプト、コンテンツフォーマット
・制作チームでスピード感を持ってコンテンツ制作&PDCAを回せるような権限委譲


以下要約メモ。
--------------------
■YouTubeチャンネル運用
▼メリット
・コンテンツを蓄積すると資産になる
(検索流入など、長期にわたってじわじわ再生が伸びる)
・長尺コンテンツを見てもらえる

▼デメリット
・(蓄積型メディアなので)チャンネル成長にかなり時間がかかる

■注意点、意識すべき点
・完成度が高すぎる「企業感」の強い動画にはファンがつきにくい
→人格を出すコンテンツ運営が必要
 もしくは、統一されたコンセプト、世界観を作る。

■ヒット作を作るための壁
①見てもらうための壁(impをどう上げるか)
 ∟もともとインフルエンス力のあるクリエイターを起用
 ∟サムネを工夫
②見続ける壁(視聴維持率をどう上げるか)
 ∟クリエイター「らしさ」を失わせずに、緻密に作り込まれたストーリーを共存させる
 ∟演者とプロの制作者が協力して制作する

③シェアする壁(シェア率、エンゲージメント率をどう上げるか)
 ∟シェアする理由作る
  ∟前向きなメッセージに共感
  ∟視聴者の予想を上回る驚き

④新規に見てもらう壁(さらなる拡散力をどう上げるか)
 ∟演者のファン以外への拡散をどう生むか
  ∟サムネと内容のギャップ
  ∟これは気になる、というフック作り
この連載について
いまや若者だけではなく、老若男女が利用するようになったYouTube。利用者層の拡大に伴って、世界最大の動画プラットフォームで地殻変動が起きている。YouTuberたちの脱事務所化、大企業のビジネス活用…。YouTubeの新常識をお届けする。