新着Pick

ネットの誹謗中傷、参加するのは「ネットユーザーの1%未満」 コロナで増加、その実態は?

弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
298Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
学生たちに聞くと、SNSから離れる、という意見が意外と多かった。コメントする前に相手の気持ちを考える、というのも。やはり木村花さんの件が影響しているようだ。テクノロジーで悪質なコメント排除と言うよりは、やはり人間のSNSとの接し方を幼少期から教育することの方が大事だろう。教育者がいじめをするような環境で望むべくもないかもしれないが。。
人気 Picker
かつてtwitterのリツイートボタンを開発したクリス・ウィザレル氏が、いまそれを強く後悔しているというインタビュー記事を読んだことがあります。RTに限らずSNSは拡散させる装置を内蔵していることが大きな価値ですが、フェイクニュースも誹謗中傷もそうしたシェア機能で広がってしまうことに大きな問題を感じている、そんな内容でした。

人を死に追いやるほどの誹謗中傷がまかりとおる状況を放置していいはずがない、その点にはだれも異論を差し挟まないと思いますが、規制や取り締まりとなると、ではだれがどういう物差しで判断するのか、という問題に行き当たります。何が社会的に許容される批判で、何が誹謗中傷なのか、ここに明確な線を引くのは非常に難しいことです。本記事にもある通り、線引きがあいまいな規制は時間の経過とともに拡大解釈される懸念が常にあります。
ですから、政府による厳罰化も、プラットフォーマーによる規制も、抑制的なルールのもとに運用されるべきで、より大切なのは、私たち一人一人が反射的にシェアボタンを押す前にいったん立ち止まり、「これは許容される内容か?」を考える、その習慣を持つことだと思います。即効性はありません。しかし、SNSが人を死なせてしまうこの社会を変えるために私たち一人一人にできることがある、と考えることが必要です。
山口真一さんは、私もメンバーになっているヤフーの誹謗中傷対策のための専門家会議に選任されています。まさに山口さんが解明された通り、ネットの炎上はごく一部の人によって引き起こされています。強い気持ちを持つごく一部の人の声を、無数の人たちが軽い気持ちでリツイートすることで、ネット全体がエコーチェンバー化しているように見えてしまいます。実態とは違う様相が、現実のものに見えてしまいます。だからスルーすればいい、というのは炎上体験のない人の論法です。実際に巻き込まれると家族や友人、知人も傷つけられ、場合によっては一緒に攻撃対象にもされてしまいます。ネットが生活により密着している若い世代には耐えられないと思います。軽い悪意がもたらす、深い心の傷。この非対称を解消するのが、現代の課題です。スマホは「指先をメス」に変えてしまうことを、みんなが共有するしかありません。千里の道も一歩から。時間がかかっても近道はないことを覚悟しなければなりません。
匿名での誹謗中傷にはブロックとスルーで対応します。
歪んだ正義感と満たされぬ承認欲求の方々ですから。
誹謗中傷を書き込む側に何を言っても有効とは思えません。動かしようのない悪意や独りよがりの正義感は止めようがありません。誹謗中傷を受けた側にそんなもの気にするなというのも、いざ当事者となったらそんなに簡単なことではないはず。炎上参加者も炎上に耐えられない人もごくわずかでしょうが、必ず現れます。それを前提にした議論であるべきです。犠牲者をゼロにすることと、表現の自由を程度制限することの間でどう折り合いをつけるか、両方を満たす方法はないでしょう。自分は表現の自由がある程度制限されることを覚悟せざるを得ないと考えます。
投稿する前にワンクッションをおく。

これを利用者に期待するだけでなく、サービスの中に組み込むようにすることも、有効な対策の1つであろう。
昔からそれくらいの比率ではないかと思う。ただ昔以上にRT・いいねがあるから膨らみやすいし目につきやすい。
RT・いいねまで「参加」に含めると、一気に数字が膨らむのではないかと思う。
実名利用が多いNPは、せいぜい0.5%くらいではないでしょうか?
NPでは、スルーされている方が多いと思いますが…
炎上に参加するのは0.5%で、そのうちごくわずかな人が炎上の大半を占める。その数名をミュートすれば、炎上はほぼ見えなくなります。炎上に巻き込まれショックを受けそうになっても、まず冷静に「見えない化」することをお勧めします。
誹謗中傷コメントをする輩は本当に一部だということ。そして、それが正義だと思っている節もあり、たちが悪いです。
”2014年の調査では、過去1年以内に炎上に参加している人は、約0.5%しかいませんでした。1件あたりの参加者数を推計するとたった0.0015%です。これは7万人に一人くらいということになります。”
”政治的な議論に限らず、ネット上に意見を書いてる人は、全体からするとごく少数であり、偏っているという実態を自覚することが重要だと思います。”
”もっとも悪いのは、プラットフォーマーではなく、誹謗中傷の発信者です。”
関連記事一覧
“テラハ史上No.1天使”田中優衣さんが明かす「誹謗中傷の嵐の中にいた地獄の日々」
文春オンライン
12Picks

「総理の“お言葉”伝えるべき」発言の三原じゅん子議員、ネット中傷対策検討PT座長に就任
ビジネスジャーナル
9Picks

「ネット上の誹謗中傷の多くは犯罪であり、身元はたいてい特定される」被害者救済策とネットリテラシー教育を検証する withコロナで変わる国のかたちと新しい日常㉕
FNNプライムオンライン
8Picks

「10年続くネット中傷被害」唐澤貴洋が語る“木村花さん問題” 「もはや重罰化が必要だ」
弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
5Picks

「リアリティーショーとSNS」が奪ったもの。木村花さん、母の思い。誹謗中傷に法的措置も
BuzzFeed
5Picks

木村花さんに悪質な書き込み 男性書類送検へ
NHKニュース
4Picks

ネットの誹謗中傷、発信者を特定へ制度改正を検討。高市総務相「人として卑怯で許し難い」
ハフポスト日本版
4Picks

木村花さんの悲報を繰り返すな、ネット民の罵詈雑言に負けない2つの方法 - ニュース3面鏡
Diamond Online
3Picks

加害者特定し被害届提出へ 花さん母が自民会合で講演
共同通信
3Picks

「ゴキブリのような野郎だ」 自己責任論で炎上…安田純平さんが考える、SNSの誹謗中傷
文春オンライン
2Picks