新着Pick
364Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「会社」というものがあってそこに人が加わるのか、ある思いや方針のもとに集まった人達を「会社」と呼ぶのか。スタートアップを見ても(私の前職の経験も含め)、もともとは後者なのにいつの間にか「会社」ありきになってしまってないかという問題提起と感じました。

7回を通じて青野さんのおっしゃっていることは「原理原則」ばかりと思うのですが、なぜ多くの会社はそうならないか?逆に言えば、よくできる余地は一杯あるということなんでしょう。
サイボウズ社長・青野慶久氏の連載第7回(最終回)です。
ーーー
情報共有のための「グループウェア」と呼ばれるソフトウェアやクラウドサービスを手掛けるサイボウズ。働き方改革の先進的な企業として知られ、「働きがいのある会社」でも2位にランキングされる(2020年、中規模部門。GPTW調べ)同社だが、15年前は危機的状況にあった。

ちょうど青野慶久氏が社長に就任した頃、社員が次々に退職。離職率は28%まで上昇する。給与の引き上げや業務の転換など、社員を引き留めるために様々な対応を試みたものの、さほど効果は上がらず。そこで社員に「どんなふうに働きたいか」を丁寧に聞き取り、「育休・介護休は最大6年間」「副業大歓迎」など働きやすい制度を次々につくる。

これが功を奏し、その後サイボウズの離職率は低下。12年以降は4%前後で推移。業績も好調で、同年以降、売上高は毎年、前年比115%ほどのペースで伸長している。青野社長は経営者としての自信を失いながらも、活力が消えかけた職場をどう再生したのか。(全7回)

■第1回 「がんばるな、ニッポン」のメッセージに込めた想い
■第2回 松下電工の「暴走社員」がサイボウズを創業
■第3回 人生最大の挫折で気づいた自分に足りなかったこと
■第4回 「100人100通りの働き方」で業績右肩上がり
■第5回 そこまでやるか、社員に手厚い制度を次々導入
■第6回 給与もキャリアプランも自分で決める
■第7回 「会社」という仕組みはもう古い
『事実と解釈を区別して伝える』という事の浸透と定着には様々な工夫が必要ですが、生産性の高い掛け算のチームに共通する原理原則だと思います。

以下、抜粋
・事実は五感で確認できる確実性の高い情報、解釈は事実を得て考えた情報と定義
・事実と解釈を切り離して考えることで、冷静に議論し判断する
潔いけれど、サイボウズのような会社の遺伝子を絶やさないでほしいと思うのでした。

「「サイボウズは私が死んだら解散」と社員に言っています。
すべて売却して新しい会社をつくってもいいし、みんな転職していってもいい。一度リセットして私の存在や言ったことは忘れて、それぞれみんなが楽しく働けるようにしてほしいと思っています」
「「サイボウズは私が死んだら解散」と社員に言っています。」
いやぁそうだよね。これめちゃくちゃ公正明大なスタンスだなー
一部上場企業の経営者がこれを言えることはほんと希望だし、後続にとってはありがたみしかないよね。
「私は会社という仕組み自体に古さを感じています。今はインターネットでみんなつながって、だれもがいつでもどこでも簡単にプロジェクトをつくったり解散できたりする時代です。」

会社自体、そもそも擬人化されたフィクション。会社を跨いだ形でのプロジェクト型組織など、事業を回していく新しい仕組みは今後ますます広がっていくでしょう。
話をしている字面だけ見ると当たり前だと思うような内容ですが、これを実践し良い会社を作っている人が語ると重みがあります。特に多様性のためには共通言語が必要であるというのはとても大事なことだと思いました
「会社」と「個人」の関係性が見えなくなると、他人事としか考えられなくなってしまい、会社への依存が始まるように感じています。

そういった意味では、「会社」を再定義できると、生まれ変わることができるように思うのです。

「会社と自分のつながり」がわからない状態で、自分ごととして頑張ることは限界があるので。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
「サイボウズは私が死んだら解散」って新しいですね。創業者が未来永劫経営しなければいけないルールはないですからね。大義を持っている人が会社を運営するのはよいですね。
青野さん、またお得意の一見、超過激な発言!新聞広告にしても、今回のインタビューにしても、ここまで超過激な発言で振り切れるのはすごい! その真意を探るのがいつも楽しみです。青野さん!
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
サイボウズ株式会社(英語: Cybozu, Inc.)は、東京都に本社を置くソフトウェア開発会社。グループウェア「サイボウズ Office」シリーズなどを手掛ける。 ウィキペディア
時価総額
1,657 億円

業績