新着Pick
593Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カリフォルニア・サンフランシスコでは道を歩く時に必ずマスクです。人とすれ違う時も密接した状況にならないために、道を譲り合ったりする人もいます。人とすれ違う時に、息を止める、という話を友人から聞いた時は、意識が変わっていることに驚きました。

まだこちらはレストランや娯楽施設も閉まっています。でもその状況が変わってレストランで食事が自由にできるとなった時に、店にこういったコロナ対策のプロダクトがあることが、店に行くインセンティブになるでしょうか。少なくとも、店を利用する時に、安心度は上がりそうです。

そう考えると、やっぱり新しいマーケットが生まれているということなんですね。
空気への投資は、食事や水よりさらにROIが高いと思う。とても欲しい商品です!
空気清浄機は、日本だと花粉対策で入れている家が多そうですね。我が家もDyson、Cadoなどが動いています。個人的にはあまり違いを感じないですが花粉症がある家族には全然違うそうで。先日お邪魔した飲食店は、ワインセラーを併設し、密閉&加湿ができる個室があって、そもそもは花粉症対策に作ったものの、最近はお医者さんの会合などで重宝されていると言っていました。窓があり換気が良いこと、(焼肉屋、飛行機など)空調などで換気が良いことが重視されるようになっていますが、空気をきれいにすること、ということに対する関心は間違いなく高まっていくでしょうね
「AirTech」ですね。新型コロナウィルスによる死亡者数が、なんと14万人を超えてしまった米国では、特に価値が高いと思います。

しかし、残念なのは、経済再開となった途端、強制されなければマスクもしない人たちがあふれ、その結果、感染再拡大があちこちで発生していることです。

こんなことの繰り返しでは、いつまでたっても経済の再開は望めません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
人の認識の変化が面白い。
清潔感と健康がコロナによって結びついている。
"健康になる空気はタダではない、そう人々が気が付いたのはここ最近になってからなのです。"

消費財ブランドにとって「清潔感」の訴求は買ってもらうための鍵になりそう。
何を解決するのか?
ブランディングがうまくハマれば、一気にいきそう。
コロナは大きく破壊的な波で、その波に乗れるかどうかは自分次第。
きれいな空気、きれいな水は日本の宝。日本人はその恩恵に感謝しなければなりませんね。
日本は、換気と衛生消臭の製品はこの数ヶ月で設置してしまったので、正直今から参入しても手遅れだと思う。
ダイキンのポテンシャルを感じる
ダイキンから円筒型の空気清浄機が出てきそう。
この連載について
テクノロジーの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート