新着Pick
1709Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日からバズっている、ものすごくユニークなウェブ会議ツール「mmhmm(ンーフー)」の創業者に、インタビューを受けてもらいました。Zoomなどとセットで使うものですが、自分のアイコンを画面内で飛び回らせたり、半透明にしたり、とにかく楽しく便利なコミュニケーションができます。

デモ動画は下記のリンクにありますが、非常に面白いプロダクトです。

https://www.youtube.com/watch?v=c8KhKBLoSMk&t=3s

4月ごろ、遊び半分でやっていた作業が、そのまま新規ビジネスになり、セコイヤキャピタルからの出資まで取り付けてきました。本人はノーコメントでしたが、取材をしていると、実はZOOM創業者も投資をしているという話も聞きます。

現在ベータ版、9月にはローンチとなるmmhmmのインタビューを、ぜひご一読ください。先ほどまたアップデートが!
https://t.co/5P3eWCQCmw?amp=1
聞きたかったのは、このサービスが前々から温めていたアイデアで、たまたまタイミングが絶妙に合ったのか、それとも、コロナに入って思いついた即席のアイデアだったのか、ということでした。

が、答えは後者でした。

短期間でアイデアから、形にして、資金まで集めてしまうという所、さすが連続起業家、投資家、アクセラレーター運営をこなす彼の強みでだと感じました。

確かに使って見ると、いつもと違った感覚でとても新鮮。

2年ほど前、Zoomのエリック・ヤンCEOに、「もっとビデオ会議を人と近く、会ってるようにするにはどうしたらいいのか?」と聞いたら、ニヤッと笑って「楽しみにしていてください、それが5年後には実現する」、と言っていたのを思い出しました。

その時はホログラムを使うことを匂わせていたのですが、これはその間を埋めるサービスなのかもしれません。
3月末から現在までテレワーク継続中です。1日、何時間もzoom会議しています。だけど、社外とのミーティングは、Teamsや、Ciscoのシステムも多いですし、たまにSkypeもあります。プラグイン的にいろんなサービス上で使えるなら、正式ローンチ後、使いたいなぁ。

この数か月の間は、テレビ会議システムでプレゼンする機会も複数回ありました。プレゼンは視覚的効果とても大事なので、「mmhmm(ンーフー)」を使うと効果的そうです。
プレゼンして録画したものを送れ!というコンペもありました。

「mmhmm(ンーフー)」を使えば録画したものをそのままYouTubeにアップできそうです。

テレビ会議は連続すると疲れます。なので、画面の外の「mmhmm(ンーフー)」的なサービスも、誰か事業化してくれないかしら。
私は、とりあえず、椅子をバランスボールにかえ、SIXPADも買ってみた(まだ箱を開けてない)のですが、画面の外にも躍動感や動きを加えて、疲れの軽減や運動不足解消をソリューションとしてくれる企業が出てくれないかと期待です。
今年の春にZoomを使って会議をしたり、大学の授業を始めたときに、思いの外ストレスがなく様々なコミュニケーションが出来て「これは楽しい!」と感じた人は多かったと思う。私もその一人です。
それはオンライン会議ツールに対する期待値がもともと低かったからだと今は思っています。だから「意外といい」を「すごくいい」と勘違いしたのだと思います。

しかしそれも日常化してくると、リアルでは出来ることがオンラインでは「簡単にできない」ことを日々感じる経験が続き、いわば妥協に妥協を重ねストレスを感じながら「新しい日常」を過ごすことになる。

それが、この記事の中にある、
「ビデオ会議はぐったりするほど、疲れますよね。1日12時間もZoomをしていると、もう疲れすぎてメリハリもなくなってきます。」という体験につながる。

人間がZoomやMeetに合わせるのではなく、それらのアプリを人間に合わせる必要がある、そうでないとオンライン生活はもたない、というのが最近の結論です。
 
その意味で、今回のmmhmmという取り組みは、世界が求めているイノベーションだと思う。スピード感のある動きも最高で、期待したい。
ゲーム機のコントローラーでmmhmmを操れるという後藤さんのアイデアを、即座に形にするというスピード対応。おもしろいことをしたい、という欲望がこのスピードになっているのでしょうね。まだアイデアの段階なのに、投資家もモニターも、みんながワクワクしています。
こういうサービスというかツールを『面白そう!』『使ってみたい!』と思える感性が大事だと思います。

色々遊んでみたいし、使いこなすことで間違いなく、味の出るプレゼンができると思いますね。
話題のmmhmmについての後藤さんのインタビュー!出資している個人が、いずれもアート的なセンスが強いTwitter・Instagramの創業者であるのがとても面白いし、このプロダクトの価値が感性的なものであることを示していると思う。
mmhmmの記事で模倣について気になるとコメントしたが、そこは後藤さんも質問されているが、ストレートに答えていない感じ。Twitterのようにそこが文化的なものになって模倣では実現できないようになってくれると嬉しいが…
日本だったら「おもしろいけど、で、これ、どうビジネス化するの?」...的な議論が延々と続きそうなプロダクトですよね。

シリコンバレーだと「おっ、これ面白いじゃん」「しかも、フィルだぜ」「よし、乗った!」という感覚で、走り出してしまうのですよね。

日本だと「事業化目処は?」とか「市場規模は?」ということが論点になりますが、シリコンバレーだと「どんだけワクワクするか」が鍵となります。

そうは言っても、個人的には、これだけでは、ちょっとキツいかも...と思います。ピボットすれば良いでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ベータ版に申し込んで順番待ち。
経過を知らせるメールもデモも、ワクワクさせるもの。
プロダクトそのもの以外の部分へも、神経が通っているような体験設計とデザインが、ローンチをより楽しみなものにしています。

期待感が高いのは、それだけ現状に不満足があるということ。
こういうトライで体験が改善されていけば、「テレワークをあきらめる」企業も減るというものでしょう。
アバターのように、映像内での存在としての自分に自分らしさを付与していく表現はZoomの背景でもすでに起こっていますし、その表現に自分の作品や強みを反映できるなら、営業や信頼獲得になることもあるでしょうから、マーケット化する可能性も見えてきますね。早く使ってみないと。
この連載について
テクノロジーの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート