新着Pick
548Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事にある商品別の販売動向に加えて、無印やヴィレヴァンが営業自粛となったSCや駅ビルに入居する店舗が多いのに対して、ニトリは自粛対象外とされたホームセンター企業の一角として、単独型のロードサイド店を営業継続できたことが大きかったと思います。
無印が先日に郊外店の強化方針を固めたのも、SCや駅ビルの営業可否に左右されない販売チャネルを確保したいと考えたからに他なりません。
ヴィレバンやドンキはあんまり目的買いではなく、ふらっと楽しむところなのかも。
ニトリは買いたい家具が出てきたときの第一想起だったのでは。

ポジション取りが明確になりましたね。
昨日17時に、「遊べる本屋」ことヴィレヴァンが通期決算を発表しました。ホームページには7月15日と書いていましたが、2日早く発表しました。ニトリと無印と比較すると、明暗がわかれており、品揃えや店舗レイアウトでこんなにも結果が変わるのか、と驚きます。

先日自宅近くのニトリに行ったのですが、寝具もキッチン用品も豊富で、ついつい家具ではないものを買ってしまいました。6月の売り上げが47%増も納得です。

MUJIが7月17日に始める家具のサブスクサービス、どこまで伸びるか。
未上場なので情報がないですが、この並びであれば、TSUTAYAのCCCやIKEAがどんな業績だったのかはぜひ見てみたくなってしまいますね。単なる商品を売る小売というよりは「ライフスタイル」を展示・販売するプレーヤーとして。

ニトリは以前からの企業方針としてのEC拡大や商品戦略としてのマーチャンダイジングに加えて、店舗でのコロナ禍におけるオペレーションなどもしっかりとしていた印象があります。それらを総合してこの順調な業績なのではないかと推察します
ヴィレヴァンは、あの独特の店舗の作りもマイナスに作用したのでしょう。所狭しと本や雑貨が置いてある「雑多」な感じ。宝探しのようで昔から好きですが、やはりこの状況下で店舗へ行くことはためらわれます…。
オフラインとオンラインの融合戦略が求められています。それを実践している企業は、打たれ強い。リアル店舗が閉鎖されても、オンラインでしのげます。
各社の店舗展開にも違いがあるんでしょうね。ニトリは郊外に自分だけのでっかい店舗を持っていて、無印良品やヴィレヴァンはショッピングモールの一角にあるイメージ。
あとは役割。無印良品もヴィレヴァンも、必要に駆られていくというより、その場所の体験なりなんなりを楽しみにいく。ニーズを満たしていたニトリと、ウォンツを満たしていた無印良品もヴィレヴァン。ポジショニングの違いですね。
オンライン化、EC戦略とか言われてますけど、個人的にはヴィレヴァンのオンラインストアには興味が湧かない。やっぱり、あの空間こそがヴィレヴァンであって、商品そのものがヴィレヴァンではないと思います。
顧客体験、モノ消費からコト消費とかいろいろ言われて、優れた体験を提供する企業、サービスが増えています。が、”体験”と言った場合ある程度フィジカルなものも含まれるのは必然で、そうしたところを今後どうしていくのかですね。
似鳥会長とんでもないな。
物売りではなく、ライフスタイルの提案が創業当初からベースにあるので
ターゲット顧客のニーズを素早く汲み取り、顧客のより良い生活をサポートする為の提案をし続ける。
ほんと鏡だなと学び多いです。
谷口さんの記事は非常にわかりやすい上に、
「数字」でわかりやすく解説しているため、
数字アレルギーを少しずつ解消したい自身にとっては学びしかありません。

今回は「【グラフ分析】ニトリ、無印、ヴィレヴァン「明暗」を分けた理由」ということで・・・、

良品計画の3〜5月の営業損益が28億円。その一方で、ニトリは売上高が前年比で4%増えて、1737億円に達し、営業利益は22%増えて、372億円だったことがわかります(しかし無印良品が6月になり、前年比でプラスに転じたことも書かれています)。

「ニトリと一体なにが違うんだ?」というのが素人の率直の感想です。
しかも4月〜5月の間、ニトリは619店舗中、最大で110店舗が臨時休業していたというので驚きです。他の店舗で売上・利益を十分すぎるくらいにカバーしています。

「リモートワークの浸透や在宅時間が増えたことによる需要をつかみ、デスクや椅子などのホームオフィス家具、収納家具、キッチン用品などが好調だった。」

検査数が増えているとはいえ、コロナウィルス感染者数がまた増えてきました。
今月の4連休を利用して少し遠出をしたいと考えていましたが、もうしばらく遠出は控えた方が良いかもしれません。

タイミーもリモート推奨のため、在宅勤務が続きます。
似鳥昭雄会長が語る、
「(ただし)第2波、第3波があるかもしれない中で、(この流れが)今年中続く可能性もある」
は、
実績にも裏付けられているため的中するかもしれません。
無印は、郊外ロードサイド型の店舗がないのも大きかったと思います。先日こういった店舗を増やすことを発表しました。とにかくECも含め立て直し中なので結果はついてきそうな気がします。ニトリはうちのような田舎ですらいつも駐車場がいっぱいです。もちろんロードサイドのお店です。
この連載について
経済ニュースを「数字」でつかむNewsPicks編集部オリジナル連載。NewsPicksが注目する企業の決算・会計から、マーケットの話題、投資まで。様々なテーマを「キーナンバー」で読み解くことで、ビジネスパーソンに必須の「数字感覚」を養おう。
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
6,166 億円

業績

業績

株式会社ニトリホールディングス(英語: Nitori Holdings Co., Ltd.)は、主にインテリア(家具)の小売業等を展開する日本の持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.23 兆円

業績