新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
他意があって廃棄したのか、手違いか、それとも決まりにのっとって廃棄したのか。もしも本当に廃棄したのなら、その理由が知りたい。行政文書ではないという理屈も含め、この記事を読む限りではやはり不可解です。つい最近の政策決定にかかわる基礎資料なのであれば、普通の事務処理の感覚からしても保存しておくのが普通だと思うのですが。少なくとも私ならこんな短期間に捨てませんし、電子化しておくと思います。
日本の行政は、国も地方もやっていることの価値も意味もわかっていないようです。

初期の日本の対策は、世界的にみてもかなり上手くいったと言えるものです。クラスター対策のやり方など参考になる事は多いですし、もちろんそのやり方は完璧ではなく検証は非常に価値のある事です。
その大事な資料を意図的に廃棄したのであれば、その廃棄は事後検証より価値のあった事ということになります。

こういう時につくづく思うのは、この「事なかれ主義」どうにかならないのかと。少しでも問題があれば粗探しをされる可能性がある、それなれ廃棄してしまったほうがマシ、ということなのでしょう、、、

後ろ指さされる可能性もありますが、重要な資料になる可能性すらあったのに、「基準」にあてはめて、「捨ててはいけない理由」がないから、何か起きたときのために捨てておこう、というのは、あまりに貧相な思考回路ではないでしょうか、、、
細かな条例や法律はさておき、一般ビジネスにおける常識では、意思決定に必要だった書類はどういう形であれ保管はされているものですよね。新入社員がよく怒られるレベルの話です。これが都庁の方々にわからないわけもないとすると、意図的に廃棄する必要があったということですかね。いずれにせよ、資料は全てデジタルで、クラウド上で共有するようなあたり前が成り立てばこういう問題もなくなっていくのではないでしょうか
何事にも「李下に冠を正さず」の姿勢を忘れてはならない
仕事速っ
こういうことをすると検証ができなくなる。歴史改ざんと同じ。
電子データ残ってるでしょ、きっと。
資料は何かの説明に使うためのものだから、何かしらに紐づいているはず。まして、コロナクラスター班が作成した資料なんて担当者レベルでそうそう破棄できるはずがない。だから、何かしらの形で取ってあるはず。
まさか、その削除も命じられたのか…?