新着Pick
271Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事には「自分の頭で考える」事については触れられてないように思う。むしろ逆?

「自分の頭で考えよう」という場合、たいていは、「俺の言うことをそのまま信じろ」という意味

自分の頭で考えた人々が投票したけっか、民主党政権が生まれた
バイアスとメタ認知...ここに書かれているとおりの理屈ですが、これを理解しても、それが「できるようになる」ことは別の話です。

これを理解したあとで、メンターにみてもらいつつ、実践を繰り返すことで、徐々にできるようになっていきます。

重要なのはメンターで、自分では、正しい方向に進めているか判断できないので、他の人に見てもらう必要があります。

ビジネススクールで、理論を学びつつ、膨大な量のケースについて考えるのと似ていると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
バイアスとメタ認知とは、のシンプルな解説。バイアスというと悪いことのように思われがちですがそうではない、というのもまた、ありがたいお言葉。
ミドル層で仕事をしている人にとって、具体と抽象を行き来する考え方は極めて大切だと考えます。現場の最前線から寄せられる「具体的」な問題や要望。経営トップから届く「抽象的」な方向性やメッセージ。それらをそのまま受け取るのではなく、課題として整理したり、形として仕組みにしたりするとき「自分の頭で考える」ということになるのかなと思います。なので、ゼロベースで考えを生み出すばかりが自分で考えることではないと感じますね。