新着Pick
659Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
おぉ、10年以内!?日本人の月面着陸、意外と早く実現するかもしれませんね。

以前ツイッターで取ったアンケ「どれが一番最初に起こると思うか」でも、日本人の月面着陸が1位でした。
https://twitter.com/notactor/status/937904820102381568?s=20

人類の火星着陸、地球外生物または痕跡の発見と並んで、日本人の月面着陸も令和のうちに起こりそうなビッグイベントだと思います。僕の予想は令和17年(2035年)でした。日米2つのいかにも遅れそうな組織がクリティカルパスに乗っているのでね。あー、やっぱ10年以内は無理だと思います笑

*本投稿は私個人の予想であり、所属機関の見解を代表をするものではありません
人気 Picker
とてもうれしいニュース!
ぜひ日本が、月面基地開発の国際協力の中で大きな役割を果たすことを期待する。

繰り返すが、とてもうれしいニュースである。それだけに、日本政府には、月面基地開発プロジェクトにおける日本の具体的な役割および計画の策定とその計画推進を期待したい。
日本人初の月面着陸が重要なのではない。それだけを求めるのであれば米国にお金を払って月基地まで連れて行ってもらえば良い。記事からもうかがえるが、米国の”お客様”になることが本宣言の背景であるはずがない。しかし、お客様ではなく計画の一端を担うのであれば責任が伴う。予算の確保も含めて、覚悟を持って、月面基地開発に日本が大きく貢献することを期待する。
おおおおお!!!!ついにきた!!恐らくかなり長く交渉されていて、ついにまとまったのでしょう。日本人の宇宙飛行士をアメリカの宇宙船に乗せてもらう。じゃあ代わりに何を日本が出すか?きっと緊張した交渉が続いたことでしょう。これをまとめた担当のJAXAや役人の方、本当にお疲れ様です。

で、日本の貢献内容は、
1. 月面探査車
2. ゲートウェイの機器
3. ゲートウェイへの物資輸送
になりそうですね。1, 3は予想通りで、2はモジュール丸々じゃなくこういう形になったのですね。

あとは、物資輸送の頻度と、日本人宇宙飛行士のフライトの頻度の交渉になるのでしょうか。3はHTV-Xだとたぶん月軌道に行けないので改良が必要ですが、それを見越した設計になっているのでしょう。

いずれにしてもこれは嬉しいニュースでした!!
FY2021の予算を見ても、アメリカが本当に月面着陸までたどり着けるのか、ゲートウェイの建設が可能なのか、まだ疑問は大いに残るところなので、合意が出来たからといって必ず実現するということではないが、もし計画通りに進めば、日本人宇宙飛行士が月面に立つ可能性もある、という話。
昨年9月,JAXA山川理事長とNASA長官の間で月探査協力に関する共同声明に署名していましたが,一歩進んで日本人宇宙飛行士の月面着陸を含む共同宣言のようです.
日本の技術と金の貢献に応じて,日本人宇宙飛行士の数が決まることになります.計画が進むかも含めて,まだまだこれからですが.
おお!久しぶりに夢を感じるニュースですね!素直に楽しみです!!
まあ推進してるのが実はガンダム好きの副大臣(平議員)だからと言うのが真実である気もしますが(笑)
宇宙ビジネスの関連銘柄としてトヨタ(7203)意識要で、KDDI(9433)にも食い込んで欲しいところです
リアルヒビトが、ほぼ同じ時期に実現しそう!
もちろんタダではないのでしょう?
個人的には有人探査である必要はよくわからない。本人が希望することとはいえ、有人には危険があるし費用もよりかかる。
ふるさと納税があるように、宇宙納税があってもいいのではないか?月に資源があるというなら、その利益が明らかになった段階で税金投入を決めればよい。
宇宙開発のロマンは否定しないが、税金の使い途の優先順位もよく考える必要はある。コロナで今現在、経済的に苦しむ人もいるはずだ。
日米両政府が、日本人宇宙飛行士が初の月面着陸を行うことを盛り込んだ月探査協力に関する共同宣言を発表したそうです。

【有人月面着陸】日本初の有人月面着陸機 JAXAが構想 米アポロ以来60年ぶり(産経ニュース、2018年8月17日)
https://newspicks.com/news/3250876