新着Pick
675Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ以前からスーツ、シャツなど重衣料中心のMDは社会ニーズに対して厳しかった。
物づくりの力もブランドもあるので新しいスポンサーを見つけ、再建されることを期待します。
個人的にはブルックスがテレワークにあわせカジュアル衣料は似合わない。MDのドラスティックな変更よりスケールダウンしてECとオーダーにシフトかな、と思います。
小さくして続ける、ダウンサイジングで利益とキャッシュを改善する。固定のファンは存在し、ボタンダウンシャツは本当に素晴らしいので辞めないで。
勘違いしてはいけないが、コロナとはあまり関係がないイベント。経営の不味さによる破綻であり、再建を目指す取り組みの第一歩だと理解する必要がある。

ブルックスブラザーズのスーツは、実は私にとって初めてのスーツ。二十歳になって、親から贈られたブルックスのヘリンボーンの三揃いのスーツを着た時の誇らしさは今も忘れられない。

ウォール街でのキャリアを始めた1990年代、周にいたライバルたちはブルックスブラザーズかポールスチュアートしか着ていなかったのを覚えている。
自分で稼いだお金で求めたスーツはポールスチュアートで、50歳まではそれを通した。それはほとんどユニフォームのようなものだった。

ノスタルジック過ぎるとお叱りを受けるかも知れないし、ポールスチュアートしか着ていなかったお前が言うなと言われるかもしれないが、それでもブルックスブラザーズには再起を期待したい。
私のシャツはほぼすべてブルックスのノンアイロンシャツです。形状記憶シャツの元祖にして至高だと思います。このシャツに変えてから、クリーニング店を使うことが激減しました。

「ほぼ」と書いたのは、ここにユニクロのスーパーノンアイロンシャツが入ってきたからです。風合いはブルックスのほうが上なのですが、価格は4分の1で、防シワはユニクロが勝ります。

ブルックスは「おしゃれ!」というよりは、機能性を訴求してきたブランドです。本当にファッションが好きな人というより、仕事できちんとした服を着る人に選ばれてきました。機能性素材を使ったさまざま商品があります。ただ、そこはユニクロのようなSPAが得意とする分野です。特に米国では百貨店のような売り場が退潮し、厳しい戦いを強いられていたはずです。

チャプター11なので、ブランドがなくなることはないでしょう。ノンアイロンシャツ、ぜひ一度お試しください。
先月から報道はあったが確定報。まあブランドは無くならないでしょうけれどやはり感慨深い。金融屋の端くれとして新卒時分にお世話になっていた。
新型コロナ問題以降、本当にネクタイをする機会が大幅に減りましたが、しかしそれ以前からスーツを着る機会も大幅に減っていたなあと思います。
服装のカジュアル化は新型コロナ以前から止めようのない動きで、この中でブルックスのようなブランドはなかなか厳しいポジションだと思います。
品質は良いけれどもブランドとしては高級なわけでもなく、かと言ってカジュアルでもなく、しかも、イタリアなどのブランドと比べるとエッジは弱い。競争戦略論的にはスタックインザミドルになっているのかもしれません。
ポジショニングを改めてブランドの再起が可能かどうかというところでしょう。
Chapter 11ですので、廃業ではありません。
今年は、日本での開業40周年の記念の年。
青山の店舗では場所柄もあり国会議員の先生とお会いすることが多いです。
はい、僕のYシャツはすべてブルックスブラザーズのノンアイロンシャツです!
以前から噂は出ていたものの、実際にこうなってしまうと非常に悲しい。正直、まさかの展開ではあります。買い手が見つかりブランドが継続されることを期待したい。
ウォール街、ロンドンのシティ、大手町丸の内界隈でさえカジュアル化の波が押し寄せているので、アメリカントラッドを着る人がどこにいるんだろう???という印象を持つ人が多いのではないでしょうか。

コロナの影響というより、ライフスタイルや価値観の変化が本質的な要因でしょう。

スーツを着る機会が減ってきただけに逆にスーツ好きの人たちのスーツに対するこだわりは一層強まっているように見受けられます。そのときにブルックスブラザーズが選択肢に入るかどうか。

若い頃には憧れもあって買ったものの、自分はもうないですねー。
老舗が、破綻してしまいました。このコロナの影響でJクルーなど多くのアパラレルブランドが破綻。ブルックスは特にビジネスカジュアルが広まったころから業績も悪くなり、このコロナで在宅となることでスーツを着る機会は本当に減少してしまった。少し寂しいですが、VUCAの世の中、こういった新陳代謝も必要なのでしょう。この時代、消費者の変化、に対応、先取りしていくか、それが分かれ目だと改めて痛感しました
アメリカの大看板が破綻。ニューヨーク、ボストン、スタンフォード、東京、京都、いろんな街の店舗でお世話になってきました。幕を閉じてしまうのでしょうか。