新着Pick
48Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
衝突試験を実施されているということは、不慮の不時着時の衝撃吸収手段としての活用かな。

安全確保装置として、機体外部におけるパラシュート+エアバッグ構造はロケットプルーブのように検討されているのでしょうが、コックピット内のシートにバネ機構をいれる検討が進んでいるとは知りませんでした。

車と違い上下左右なく墜落する可能性があるので、コックピット内エアバッグの方が安全性があるように思いますが、どのような想定かが気になるところ。
シート自体は素晴らしいと思いますが、「空飛ぶクルマ」で国が安全性を証明する「型式証明」がどうなるかが気になるところです。旅客機だと16G試験などがクリアするのが大変だと聞きますが、これまでにない航空機の安全性がどう評価され、サプライヤーはどこまで対応しなければならないかも整備していく時期なのかもしれません。
「18年10月に開催された講演会でカーティベーターのチーフエンジニアとたまたま席が隣だった。『日本発信の空飛ぶクルマを開発する』という内容の講演をされ、面白いですねと声を掛けたのがきっかけ。」
たまたま隣の席でお話しするとも限らないのですし、運命的ですね。
空飛ぶ車のシートどんなものなのか、座ってみたいですね。
ミズノ(登記上の商号:美津濃株式会社、英語: Mizuno Corporation)は、大阪府大阪市住之江区南港北に本社を置く、日本の総合スポーツ用品メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
599 億円

業績