新着Pick
216Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
動画や音声メディアは,活字に比べて時間がかかるんですよねぇ.
目がふさがっていて,耳は空いている,という状況ではポッドキャストは有効だと思いますが,記事にもあるように,日本の都市部は電車文化なので,目が余ってるんですよね.その意味では,家事をしている主婦とかをターゲットにするといいのかなぁ.
あ,あとうちは子供がYoutubeを見たがって,でも見続けると目が疲れてしまって困るのですが,同じような面白いコンテンツがポッドキャストであれば聞かせるかもなぁ
Spotifyが何百億円も使って著名ポッドキャスターと次々独占契約を結んでいる背景について、Coral Capital創業パートナーCEOのJames Rineyが書きました。

イーロン・マスクが収録中に大麻を吸った番組で有名なジョー・ローガンとの契約は100億円以上と言われています。

欧州発として初めての時価総額500億ドル超えとなったSpotifyですが、独占コンテンツを擁するプラットフォームに進化して、次ステージに行けるかどうか、というところでしょうか。
ちょうどNewsPicksも実験的なPodcastを始めました。内容は『聞く特集』。オリジナル特集のエディターたちが、特集のエッセンスや記事では書ききれなかったことなど話しています。ぜひ皆さんのPodcastのラインナップに加えていただければ。

NewsPicks Talk Room
🎧Spotify
https://open.spotify.com/show/2wuoYqX07pl5f0Fji6hVI5
🎧Apple Podcast
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/newspicks-talk-room/id1522306711
映像と違い音楽はオリジナル独占コンテンツを作るのは難しいが、ポッドキャストだと可能。Spotifyに取っては宝の山であり大勝負!

Spotify課金ユーザー数1億3,000万人、月間アクティブユーザー数2億8,000万人。ジョー・ローガンとキム・カーダシアンの両方とポッドキャスト番組の独占契約を結んだことを発表しました。前者との契約は100億円以上。
契約金の大きさを見ると、海外でポッドキャスト市場がいかに大きくなっているかが分かる。
日本での市場拡大はまだ時間がかかりそうだと思っていたが、在宅勤務のスタンダード化が状況を変えるかもしれないですね。
在宅で仕事しながら、家事しながらスマートスピーカーで音楽やポッドキャストを楽しむ、というのが普通になってくるのかも。
目玉コンテンツが生まれたら一気に市場拡大する可能性はある。
ランニングでpodcastやvoicyにradiko聴いています。タクシーや電車移動をなるべく避けて徒歩で移動することにしているので日本語でも音声コンテンツがもっと充実してくれると嬉しい。広告付きでも全然okです
日本だとVoicyやStand.fmが同じカテゴリーに属しますね。
最近毎朝音声コンテンツを聴いてますが、テレビと比べると朝の支度をしながらでもインプットができるので重宝しています。ラジオだと広告も入ってくるので、広告のない音声コンテンツにしています。SpotifyのUIUXも合わせた音声コンテンツが、どうなるのか期待です。
動画と音声(音楽)の明らかな違いは、従来のコンテンツの消費形式が、動画は能動的なのに対して、音声は受動的であること。
もちろん、ながら見など、動画もある程度受動的な消費はできるが、それは最早あまり消化しているといえないレベルだろう。

それに比べて音声は、BGMにもできたり、移動中に他の事をやりながらPodcastを聞いてもしっかり消化できる。

個人的には昔からラジオを聞く習慣がないので、最近流行ってるaudiobookもしっくり来ない人ですが、今後Spotifyが独占コンテンツとしてPodcastを量産していくとしたら、様々な日常のシーンで耳の活用方法も変わってくるんですかね。
人気コンテンツを配信するプラットフォームが「Podcast」になるのか?それとも「Spotify」になるのか...

映像コンテンツ(映画など)で言うと、NetflixとDisney+によるコンテンツの奪い合いと似ていますね。

そこからわかるように、これからは、音声、映像だけでなく、どの分野でも、人気のある「コンテンツ」の奪い合いになるということですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Spotifyは音楽配信サービスでは、デザイン、見せ方は一番好み。新しい音楽を発見できるスタイルも一番だと思える。
今後、clubhouse、voicyやhimalayaのような音声コンテンツが流行るだろうから、Spotifyもその方向でプラットフォームの価値を高める戦略なのかも。