新着Pick
268Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
5段階の警戒レベルのうち、最も高い「レベル5」なので、最大級の警戒が必要。ひどい雨ですが、とにかく安全第一の行動を。
人気 Picker
特別警報が発表されたのは鹿児島県の出水・伊佐の地域と、熊本県の天草・芦北地方、球磨地方、そして八代市です。すべてが大雨の特別警報となっていますが、地域によって土砂災害が心配なところと、河川の氾濫などによる浸水の被害が心配なところとがあります。
すでに雨雲は宮崎県からさらに東へ動きつつあり、雨は峠を越えました。しかし河川の水位は雨が止んでからもしばらく高くなり続けることがあるため、午前中いっぱいは特別警報の警報への切り替えはないものとみられます。

特別警報が発表されるのにはいろいろな基準があるのですが、今回は1時間あたり100mmを超えるような雨が数時間続き、3時間雨量が150mmを超えるような地点が広範囲に出てきたことを重視して出されたものでしょう。特別警報が発表されたのは早朝4時50分ですが、球磨川の氾濫が球磨村で始まったのが6時ごろとみられますから、やはり特別警報は言ってみれば「もう手遅れだから下手に避難するな」という合図となります。

昨日の朝からすでに断続的に雨が降っており、夜にかけて局地的に強まりそうだということは分かってはいましたが、個別の積乱雲による降水量の見積もりはまだ精度が悪く、どこかで大雨になりそうだが鹿児島なのか熊本なのかがわからない、という状態でした。結果的に熊本側で大雨となりましたが、鹿児島県側で発生していてもまったくおかしくはありませんでした。
一つ救われたのは、球磨川上流にある市房ダムで事前に放流量を増やしておりダムの水位に余裕を持たせていたことです。ダムの貯水能力がなく上流からの水をそのまま流すとなると流量が数倍となり、下流の氾濫をさらに広げてしまう恐れがありました。今回氾濫は発生してしまいましたが、ある程度被害を抑えることができたのではないかとみています。

今回の雨はいったんやみますが、明日からはまた断続的に西日本で強い雨となりそうです。10日までの降水量は、東海から西日本の多いところで500mmを超えるとする数値演算も出ています。今回被害にあった地域で、再び氾濫が発生したり、新たに大きな土砂災害が発生する恐れがあります。今一度ハザードマップを確認し、洪水や土砂災害の恐れのある地域にお住まいの方は、知人や親戚の元に身を寄せたり、早めに避難所となる場所へ避難したりするなど、自らの身を守る行動をお願いいたします。
特別警報は、平たくいうと東日本大震災や阪神大震災レベルの災害が起こる可能性があるということです。
朝6時現在、球磨川の洪水警報の危険度分布を見ると最も警戒が必要な黒色に。今後も気象情報をこまめにチェックしてください。

https://www.jma.go.jp/jp/suigaimesh/m_flood.html
鹿児島の某市にいますが,このコメントしている時点では小康状態であるものの,昨夜は,叩きつけるようなとんでもないレベルの雨が降ってる時間帯がありました。(皆まで言わずとも,「降り続ければ危ない」と直感で分かるくらいの雨)

鹿児島は,コロナでも大雨でもいきなり状況がしんどくなってきましたが,冷静に最善の行動をとっていくしかないです。自分自身も気を付けつつ,被害に遭う方が出ないことを願います。
>数十年に一度のこれまで経験したことのないような大雨

こういう表現、毎年のように出てきますね。

昨年の千葉県も大変な状況でした。

コロナ禍の今年くらい、自然災害が起こってほしくないものです。
避難所でのコロナ対策は大丈夫でしょうか。高齢者の多い地域でもあり心配です。
思っている以上に大きそうですね..心配です。

昨年9-10月は大型台風ラッシュでしたし、こういうタイミングをきっかけに、台風や天災との共存方法を改めて準備/対策を、各自が見直す機会にしたいです。

コロナと天災のダブルパンチはクラスター感染にも繋がりかねないのが怖いですね...
2年前の7月、広島の実家が水浸しになったので、この時期の大雨は危険なイメージがついてしまいました。
九州の方々が何もなく、梅雨明けを迎えられるように祈っています
コロナなどの感染症だけでなく、自然の猛威とも向き合い続けなければならないのか。。地元九州の皆さん、どうか気をつけて。
また豪雨で大きな災害が起きてしまった…。
避難自体が困難を極める中、コロナウイルスへの対策も極めて難しくなってしまう。

災害に対する避難と救助、ウイルスに対する予防と対応の境目が混在してしまう中、まずは一人でも多くの命が救われる事を願うばかりです。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア