新着Pick
195Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
年度の採用設計をする際、基本的には前年までの実績を踏まえて母集団形成からインターンシップ、イベント、選考フロー、クロージング、研修など一連の流れについて計画を立てますが、そもそも22年卒は前年までの常識が根底から覆ってしまい、微修正では済まず、ゼロベースで設計しなければいけなくなってしまった企業が多いのではないかと思います。

インターンシップも含めた採用スケジュールが全体的に後ろ倒しになっているのは、採用計画の見通しが立っていないか、採用人数を大きく下方修正したか、またはこのコロナ下でのインターンシップのやり方を模索中か、いずれかの理由のような気がします。
もう少し母数は欲しかったですね。
新卒採用に繋がる窓の一つしてインターンシップをやっている企業であれば、新卒採用の計画が見通せない現状ではインターンも計画しづらいのだと思います。併せて社員でもオフィスへの出社が制限されていたりすると、インターンの受け入れは難しいですよね。
企業の採用意欲の低下が数字に表れてますね。
そもそものインターンシップの定義が会社によって異なるので、働く体験を学生に提供する就業型以外はインターンではなく、アイデアソンや会社説明会とすべきです。
インターンを就職に結び付けないようにする政府の要請に経団連の会長が異を唱えてくださり、いい方向に進むことを期待するのですが、企業側の体力が落ちて受け皿が減ることを危惧します。企業がテレワークを充実させるなら、インターンもオンラインで拡充してもらえませんかね。
iUは全員半年インターン必修につき切実でして。
数字の現象だけでなく中身を見る必要があります。

夏のインターンシップはしっかりと業務経験をさせるものから業務説明的なものまで玉石混淆でした。
減ったインターンシップが後者であれば淘汰とも受け止められます。

本当に採用につながるインターンシップは手間のかかるプログラムなので、体力のないところや中途半端な意識の企業から脱落します。
そのようなインターンシップはもともと狭い門なので、インターンシップからの採用を狙っている学生にはあまり関係のない話です。
学生には行かないよりは行った方が良いと言っているが、さて今年の夏はどうなるのやら。
我々企業側としては、ウェブ完結のインターンを増やすことが、ひとつの社会貢献ですね。
帝人株式会社(ていじん、英:Teijin Limited)は、本店、本社を大阪市北区に置く、日本の大手繊維事業者。帝人グループの中核企業であり、事業持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,603 億円

業績