新着Pick
178Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
テスラだけではない。BYDもNIOもEV銘柄は軒並み年初来上げている。対して既存OEMは下げている。それらEV銘柄の時価総額を足すと25兆円でGM、フォード、フィアットを足したものより大きい。ただしBYDは赤字に喘ぎ、NIOはそもそも駆け出しの中国スタートアップである。まだまだ産業としての確立には程遠く、そもそも各国行政の補助金の下駄を脱いだら量産ユニットエコノミクスの安定には道のりは長い。

つまりは個人も機関投資家も思惑買いの側面は否めない。ただし機関投資家はむやみやたらでは無くて、昨年来の一大セクターローテーション、サステイナビリティ一テーマに乗っかっている。それがカーボンニュートラルを前面に押し出すIR戦略のFAMGAがマーケットで独り勝ち状態であるのと通底する理由である。
元GPIFでESGに普及にご尽力された水野さんが社外取締役でテスラに行かれたことからもわかりますが投資家への意識が高いという点もあると思います。
オイルメジャーはビジネス転換を積極的に目指しているシェルなどとそうでない企業の違いが出てきています。オランダなどの多くの環境NGOがいる欧州とアメリカの違いというのもあると思います。
ちなみにアムステルダムのSchiphol空港のタクシーはテスラです。
先日のトヨタに続きオイルメジャーの雄エクソンも逆転。コロナ対策で大気汚染が改善したことを受け、欧米の機関投資家、金融機関のESG投資シフトが加速している事が背景にある。同時に化石燃料から再生可能エネルギーへの転換の一端を示してもいる #テスラ #最高値 #ESG投資
もはや自動車の枠を越えた、エネルギーの分野で投資家のテーマは変わってきているということだと思います。既存業種の壁はもはや意味をなさないかもしれません
昨日、テスラ3の助手席に乗りました。インパネまわりは決して高級とは言えませんが、随所にドライバー視点の演出が盛り込まれていました。自動車評論家の西川淳さんによると給電の考え方やドライバーインフォメーションの発想が素晴らしいと言います。走りはまだまだ改善の余地アリです。
企業価値や時価総額は、実資産ではなく簿価なので、意味がないとは言いませんが、その定義以上でも以下でもないと思います。

新型コロナウィルスによる経済の下降により、カリフォルニアでのEVの売上げは低迷していますし、そもそもカリフォルニア以外の州では、ほとんどEVはみられません。

ひとつのポイントは、Teslaは「クルマの会社ではなく、バッテリーの会社」という認識かもしれません。確かに、クルマも売っていますが、家庭用のバッテリーパックのビジネスの割合も、どんどん拡大していると思います。

エネルギーの主役交代...という絵面は、なかなか見えてきませんが...

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
テスラの時価総額よりもニコラが気になります。まだ車もまともに作ってないのに日産に迫る勢いです。
投機銘柄
モビリティ、エネルギー 成長視点での接点にいかに注力しているか
時価総額
66.5 兆円

業績

業績