新着Pick
572Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ついにレジ袋有料化が始まりました。8割以上削減など、かなりの効果が上がっている国内外の先行事例がありますので、レジ袋の削減効果は見込めると思います。

下記寄稿でも触れさせていただいた通り、レジ袋の対策はかなりの国で先行的に行われており、今や国際社会におけるマナー的な位置づけになりつつあると思います。日本は1人当たりの容器包装プラスチックの廃棄量が世界で2番目に多い国と認識されており、レジ袋についても本来であれば早々に対応が必要という声もありましたが、比較的遅れての対応となっています。

【ごみ問題】「レジ袋有料化」はプラスチック問題を解決するか
https://newspicks.com/news/4501321?ref=user_1549708

この制度は、海洋プラスチック問題への意識の高まりが発端となっています。多くの方が指摘されている通り、レジ袋利用が減ってもこの問題がダイレクトに解決されるわけではありません。これについては法制定側でも十分認識がされており、「使い捨て」に対する意識改革が真の狙いであるとしています。

世界の潮流を見ると、はじめにレジ袋について対策がなされ、その後プラスチックの「使い捨て」に対する意識改革、使い捨て容器にまで規制が及ぶ・・・というパターンがあります。しかし、既に生活に浸透しているプラスチック容器に直接規制をかけるというのは、時間がかかると思いますし、日本には合わないかもしれません。

最近はコンビニの食品容器における環境配慮の取り組みが目立ってくるなど、事業者の使い捨て容器に対する取り組みが活発化しています。
意識改革は、消費者に期待がかかっているものと見られがちですが、事業者側の意識改革や行動も、社会に非常に大きなインパクトを与えます。レジ袋有料化をひとつのきっかけとして、先進的な事業者がリードするような形で自律的に行動し、世界からのプレッシャーに負けない実績を残すことが、現在の日本社会に最もマッチするのではないかと信じています。
プラスチックごみ量全体からするとレジ袋を減らしてもごみの量削減にはほとんど影響ないと聞きました。
それより、意識を高める契機という意味があるのでしょう。
コロナでテイクアウト・デリバリー増えましたが、こちらは軽減税率で8%。プラ袋を有料化すると10%。何気にこれへの対応も手間でした。とはいえ、外食ではコストを企業が負担する企業が多い印象です。
意識を変える側面が大きいでしょうね。
最近のパン屋などはコロナの影響で全部ビニールに包んでますのでレジ袋が減っても影響なさそうですね。。
たまにビニールをいらないというと全部の商品にセロハンテープをベタベタ貼る店員さんがいますがそれも意味ないですよね。
>環境省の試算によりますと、国内で1年間に出るプラスチックごみのうちレジ袋は2%から3%ほどとみられています。

プラスチックごみの削減効果が少ないのに対し、個人消費に与える影響は大きいと思われます。

店によって値段が違うようですが、数百円の買い物をしてレジ袋が50円もしたら「買い控え」が起こるような気がします。

ますます、Amazon等の通販に依存する人が増えるのではないでしょうか?
有料化できない飲食店テイクアウト用などはワザワザ高価なバイオマス素材袋へ変えて値上げできず。

この飲食業が危機的な状況でこんなふざけた制度実施。
一体何を考えてるんだ、とは思います。

環境省と小泉進次郎氏には心底呆れる他ない。
エチレンの有効活用とサーマルリサイクルへの貢献、紙袋に比べて圧倒的な製造輸送コストの低さ、ゴミ袋等への再利用、日本では回収時等の飛散が外国の想定に比べて少ないこと等を考えれば、レジ袋こそ本当のエコバッグです。
ことwithコロナ時代の感染対策を考えれば、エコバッグ推進は逆行です。英国はレジ袋をむしろ無料化しましたし、米国では行政命令でエコバッグ禁止とする州も多いです。
これはコンビニやスーパー等のエッセンシャルワーカーへの配慮です。店は客や感染源の可能性を拒否できません。ニューノーマルや新しい生活様式の基本です。
このご時世でもエコバッグ推進派は、コンビニ店員が不潔なエコバッグを差し出されても、環境保護だから我慢しろとか、客に詰めさせろとか主張するのでしょうか。時代錯誤が甚だしいか、自己満足や正義感の迷惑な強要です。
とはいえ、たかが1枚2円や5円程度ですし、好きなサイズのレジ袋を「購入」できる点は、むしろ改善かもしれません。あるいは広告媒体として無料化するとか。「何かやっている感」や精神論は卒業し、発想の転換が必要ですね。
東京での一人暮らし

ビニール袋、沢山買って、ゴミ出ししてる

どうしたら環境にいいのか、私にとっての新たなNew Normal!
レジ袋などプラスチック製品が悪なのではなく、プラスチックごみがちゃんと分別されて処理されるならば、問題はないと考えないと、弊害の方が大きくなります。最近、海に出ていて目立つのは海面を漂う使い捨てマスク。マスクにしてもレジ袋にしても、大切なのは分別回収ルートにのせること。最悪なのは海に流すこと。レジ袋が悪いのでなく、そこらに捨てる人間が悪いということを忘れてはいけないと思います。
プラごみ全体に占める割合はごくわずか、これは事実です。しかし身近なところにあるレジ袋をきっかけに、「これ、本当にプラでないとだめ?」と考える契機になればいいと思います。どうしてもプラスチックでないとだめなもの、ほかの素材で十分置き換えが可能なものをきちんと頭の中で仕分ける。3R(Reduce, Reuse, Recycle)に加えての4番目のR(Rethink)。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア