新着Pick
336Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「宗教」というにはあまりにも即物的な人生進路の話で、1990年代からリクルート社などがつくってきた大学生の就職活動、女性を含めた「とらばーゆする」といった就職のシステムの中で、ゴール地点が「夢」と称されたものです。この用語が、高校生、やがて中学生、小学生にまで普及されました。学生の生活をがんじがらめにする、という意味で「宗教」というのかもしれませんが、「宗教」とは別に人をがんじがらめにするものではないと思います。
 背景にあるのは、大学の大衆化です。ここには女性の進学率急上昇も含まれます。戦前のように大学進学者が5%以下、男性のみという時代は、大卒者の就職は、中央省庁や大企業からの一本釣りで十分でした。
 1990年には大学進学率が25%になり、大学の数も大卒者も急増しました。大半の大卒者にとって、「夢」は向こうから一本釣りに来てくれることはなくなりました。そこで、大学生と非常に広い範囲の企業のマッチングというビジネスを手がけて急成長し、社会に大きな存在感を示したのがリクルート社でした。
 「夢」とかとらばーゆとかは、「OL」などと同じく、そういう新中間層に与えられた生き方をきらびやかに示すキャッチフレーズでした。しかし、内実が充実していなければ、言葉も輝きを失います。
 就職産業の対象はどんどん低年齢化し、大学1年生どころか高校生まで対象です。代表は、高校生に受験のために自分語りを義務化するベネッセ社の「ポートフォリオ」です。「夢」はビジネスになる、という就職産業の成功体験がありました。しかし、30年間同じ商法をして、うまくいかなければ子供を相手にする、というのは、習い性という以上のものではありません。何もわからないまま就活のゴールについて無理矢理語るよりも、本来、現代と世界について学生が理解できることの方が、まず先にあるべきです。
どのタイミングで揺さぶりをかけるか。できれば早めに揺さぶって欲しい。大学3年だと少し遅い。できれば1年からどんどん揺さぶってくれれば3年くらいにはモヤっと何か見えてくるかもしれないそうすれば卒業に間に合います
"このタイミングで思い切り「迷わせる」ことが、学生にとってためになる"
個人的な意見ですが、全く同意できません。

こういった人たちが若者の可能性を奪うのではないでしょうか?

そもそも「夢」の定義の多様性を無視していると思います。

日本では、共感される方がみえるかもしれませんが、私は全く共感できません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
悩んでもらうのではなく、考えてもらう。だと思います。

これだけ情報が多い世の中。自分で考えず、ネットの情報だけで考えを組み立てようとする、情報がないと思考が停止する傾向が強まっていると感じます。

そんななかで、考えてもらうことをサポートすることで、考え方や思考の組立て方、を知ってもらうことができるのだろうと想像します。

ただ、考える、にしても、考えのもとになる情報インプットや経験が必要になるはずで、

・社会人の話を実際に聞いて回る
・アルバイトと長期インターンシップを経験する

ことも必要になってくると想像します。
自分に対しても、子供に対しても、夢の設定の使い分けが必要。逆算で達成しやすいこと、道筋が無限なことの二者択一ではなく、同時並行で追ってもよいので、設定次第でやり方を選ぶということですね。

=================
すると、結果的に「逆算しやすい夢を設定する」という本末転倒が起きます。

「逆算しやすい夢」は、教師にとっても好都合です。「特定の職業につきたい」というような話であれば、「この資格を取りなさい」とか「この大学に行くと有利だ」とか、いくらでも助言のしようがあるからです。

もちろん、先生方が「生徒の力になりたい」という思いから助言をしようとしているのは承知しています。ただ、結果として子どもたちの「夢のストライクゾーン」を狭めることになっているのは問題だと思いますね。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。