新着Pick
667Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
非常に共感する内容です。
学生さんとお話していると「やりたいことがない」といった悩みをよく耳にします。学生さんどころか、40代のミドルマネジメントの方から同じような相談を受けることさえあります。
みんな「やりたいことを持っていなければいけない」という強迫観念に縛られすぎだと思います。

就業経験もないハタチやそこらの学生さんが、仕事を通じた「やりたいこと」を持っていると思うのがそもそもの間違いではないでしょうか。
世の「自己分析」や「自分探し」と呼ばれるプロセスの多くは、「やりたいこと」をでっち上げるための理論武装に見えます。

もしも自身の志向性に悩んでいる就活中の学生さんがいるのであれば、まず自分には、世のオジサン達と同様に自分には「やりたいこと」なんてないという現実を受け容れるところから始めるのがいいんじゃないかと思います。それは何ら恥じることではありません。やったこともないのに好き嫌いなんてわかるはずがない。

自分の経験に照らし合せて「なんとなくこういうことは好きそうかも」くらいの目星をつけることには意味があると思いますが、自分は「探す」ものではなく「つくる」もの。
新卒で大満足できるドリームジョブを引き当てられるなどとゆめゆめ思わず、「入社後に心底満足できれば勤め続ければいい」くらいに捉えておくのが良いんじゃないでしょうか。
キャリア形成も仮説検証のプロセスであり、最初から40年間、同じ会社に勤め上げることを前提とする方が間違っています。
昔の社員教育といえば、1年後、3年後、5年後、そして10年後に自分はどうなりたいかという夢やビジョンをなるだけ具体的に記入し、そのために今何をすべきか、みたいなものばっかりでした。

私はこれが物凄く苦痛だったのですが、今になって分かったことは世の中には「将来のビジョンを明確にして、その夢に一歩づつ近づいていくことにモチベーションが湧くタイプ」と「目の前のことに全力を尽くせば自ずと道が開けると考え、実行することにモチベーションが湧くタイプ」の2タイプの人がいるということです。

どちらかというと営業マンタイプは前者の方が成功しやすいようで、営業が非常に強かった前職でこうした研修がよく行われていたのは、理にかなったことだったわけですね。

ハラスメントという言葉は万人に対して一律で「やってはいけないこと」というニュアンスがありどうかと思いますが、今は少なくとも人を動かすときは、相手がどちらのタイプであるかを見極めて言葉をかけてあげる必要があると考えています。

因みに夢とかビジョンとかに向かって自分を成長させるみたいな話が大嫌いだった私なのですが、どういうわけか今ではいつも夢とかビジョンみたいな話ばかりしていると周囲から評されているようです。
誰でも、その時がきたら、夢というのはどこからか湧いてくるものなのかもしれませんね。
「夢」というべきか「キャリアデザイン」というべきか。20年前にジブリの映画で語られてたような夢と今の高校生が求められるキャリアデザインは、かなり別のものになっていると思います。
 1990年代までは、「夢」というからには、「高校を卒業したらイタリアへ行ってヴァイオリン職人になるんだ」くらいの「変わったこと」をいわねばいけないようなところがありました。何か外国(欧米限定)に行って活躍する、という話が多かったです。今は、そんな「夢」を口に出す高校生は非常に少ないでしょう。外国に行くにしても、中国や東南アジアへ移転した企業の現地業務があるからです。
 今の高校生や大学生がやらなければならない「キャリアデザイン」は「就活」の準備であり、大学入試もその前段階として自分の「キャリアデザイン」をひねり出します。AO入試はもちろんのこと、面接全般で、自分のキャリアデザインを説明しなければなりません。大学に入りたいのもそのキャリア実現のため、という前提になっています。高校の教員は、生徒が面接で高得点をとれるように、キャリアデザインについて考えるようにあれこれ促します。
 こうなった背景は、非正規雇用が増えて就活が厳しくなったからでしょう。実際のところ、非正規雇用の仕事で、結婚して子供を持って一戸建てを買える、ということは非常に限られています。親から大学に期待されるのは、就活に有利である、ということになりました。そのために、大学にとっての最適解は、入学の時点でキャリアデザインについて明確な考えを持っていてそのために努力できそうな高校生に限って入学させることです。
 もちろん、無理矢理ひねり出した付け焼刃のキャリアデザインが、どれだけ本人の人生を豊かにするのか、大いに疑問があります。大学というのはそんなことは考えず、現代世界のこととか、人類全体の問題とか、芸術や歴史について思いをめぐらせた方が、豊かな人生になるのではないか、という考え方もあるでしょう。そういう「ぜいたく」を企業が許さなくなり、大学も高校も若い頃にそういうことができる場所ではなくなったということでしょう。
ドリームハラスメント、新しい。
夢を問いながらも『やる気あんのか』と問う精神論根性論だと思う。
貴方と同じ夢、貴方が期待する夢見なくてはいけませんか?と思う若い人は多いだろう。

『将来の夢はなんですか?』とは流石に聞かれなくなった46歳。『この先どうしたい?』『この先のビジョンは?』とは聞かれる。
私の夢をあげるならば『50歳で会社を辞めること』
退職や転職をゴールにしているのではない。
50歳の時点でいつでも辞められる市場価値、実力を自分につけていること。人と同じ夢はみない。
夢をもたず、消去法的に起業する人がいるということですが、その人たちの夢は自分の車を作りたい、ということなのでは。夢といわず、楽しみという言葉に置き換えてもいい。好きという言葉でもいい。夢を持つことを強要しないことが大切、ということですね。
夢とかは重く感じることがあと思うのですが、何がやりたいかということでしょう。単純に「ワクワク」するかしないかでやりたいことが分かることもあると思います。できればそのワクワク感を突き詰めていくと自分にとっての幸せが見えてくると思います。

平山さん、ドリハラはどうでしょう。
いま,金曜日20時半.あと30分でYouTubeの「ガンダムチャンネル」で「THE ORIGIN」が始まる.
「僕たちはガンダムのジムである」 https://amzn.to/2BDHYjN という本があります.世の中の人はガンダムを目指し,あるいは自分こそはガンダムだと思っている.しかし実際は,ガンダムだと思い込んでるにすぎないジムばかり.そんなたくさんなジムが世の中を動かしている.
私は完全なるデイドリーマーゆえ、「夢を持つ」のはとってもいいと思います。だた、大事なのは、夢を持つ持たないにかかわらず、「今を生きる」ことだと思います。充実した今が、明るい未来につながるわけですから!
Seize the day!
一つの夢に向かって努力し続けることがカッコよい。そんな職人的な生き方が目指すべき姿という風潮は昔からありますよね。

多くの人が言う「やりたいことがない」という言葉って「何にも興味がない」と言っているのではなくて、そこまでして突き詰めたいコト(この記事でいう夢)がないということかなと思っています。

興味があることに取り組んでいくうちにのめり込むことがあるかもしれないし、のめり込まなくても取り組んだことが後で何か繋がるかもしれません。夢を設定してそこに向かっていくという一本道しかない、という空気は確かに相手を追い詰めてしまいますね。
申し訳ありませんが、何を主張されているのか理解できません。

「結局は、夢があっても夢に苦しめられることになるのです。」

と書かれていますが、「夢」とは、そういった性質のものではないでしょうか?

逆に言えば、そのくらいの「夢」でなければ、ホンモノではないと思います。

ひとつの価値観としては尊重しますが、個人的には共感できません。

押し付ける、ひねり出すものは「夢」とは本質的に違うものだと定義すれば、しっくりくると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。