新着Pick
663Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
コロナショックを経て家族だろうが全員”個”になってそれぞれ頑張るべきだな〜と思ったな〜、本質的には個ではないけど各々の分野で責任を持つという意味で。裏話案外コロナショックキツかったわ…トホホ…
人気 Picker
家族の重要性を認識できたのは素晴らしいこと。

こういうパンチの効いた出来事がないとなかなか感じられないのは寂しいところですが、日頃の「当たり前」にも感謝の気持ちを傾けるだけでいろんなことが好転すると思います。

スタンフォードビジネススクールには「パートナーシップを考える」授業がありました。

「身近な人の存在をしっかりと認識し、感謝の気持ちを伝え、関係性を保つことがビジネスを成功させるいちばんの近道だ」というのが教えで、それを様々なエビデンスで証明してましたね。
価値観の変化、選択肢の増加が明確に出ています。ここで個人に合わせたどんな選択肢を提供できるかが、会社としての競争力にもなるはず。
「仕事より生活を重視すると考えるようになった」のは64・2%で、テレワーク未経験者の34・4%を大きく上回った。またテレワーク経験者の24・6%が「地方移住への関心が高まった」、46・3%が「職業選択、副業等の希望が変化した」と回答した。
緊急事態宣言により子供が生まれて5年、初めて毎晩家族揃って夜ご飯を夜ご飯を一緒に食べた。
アジをおろし、骨やヒレをとり、一緒にパン粉や卵をつけてアジフライを揚げた。それから魚を食べるようになった。

新型コロナにより重要な仕事とそうでない仕事が見極められたように気づいてなかった家族との時間、子供の健やかな成長大事なことに気づく。
一方で、子どもを家でみながらのテレワークは極めて困難。
学校は継続、親はテレワーク、が感染対策としてはバランスよいと思う。
一部の職業は、非対面が無理なのは理解してたつもりだけど、全体の65%もテレワーク未経験者がいるのに驚く。
うちはIT企業なので100%テレワークにしていて、今のところ大きな問題も起きていません。
一方で小学校低学年のお子さんのいるところは悲鳴を上げていたり、オンボーディングが難しいので新規採用しにくかったりと目を瞑れない不都合も起きている。
家族も重要だが、かと言って仕事を重要視しない人ばかりになった世の中が楽しいものかは正直わからない。
今はまだコロナ前の貯金で色々と回っているものの、組織としてメリハリをどう設計していくかは課題になるような気がしています。
「家族の重要性をより意識するようになった」と回答したのは全体の49・9%。また「仕事以外の重要性をより意識するようになった」が31・5%。
これで、満員電車の通勤を変えられないか、家事の分担、仕事の効率化などについて、議論が深まるといいですね。
行く場所がなく、友人・知人と話をすることもはばかられる状況なので、「家族の重要性」を意識した人は多いのではないでしょうか?

私自身、孤立がこれほど心身にダメージを与えるとは思ってもいませんでした。
在宅勤務は、一人暮らし・夫婦共働き、子持ちなど世帯構成によっても異なりますね。一人暮らしの子は、体調を崩している人もいました。
こういうときに家族の重要性をより意識するようになるのはよくわかりますね。
新型コロナ感染が拡大して、社会の様相、企業のありかた、国家関係、各人の価値観には変化が起きつつある。「家族の重要性をより意識するようになった」ということは大事なポイント。家族と一緒にいる時間が長くなったのだから家族たちの価値観、人生観の見直すべき部分、新しい発見、違いなどを発見する機会になった。職種によってはテレワークにより仕事の相当の部分を自宅で実施することが可能になることがわかった。懇談、対談、討論はリモートで可能だ。最後の契約は面談が必要だろうが。大学の教授会、大学での講義もリモートで相当のことができる。これは後戻りすることがないように願いたい。