新着Pick
559Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
町工場の強さ、すばらしさは、肌身に感じています。

ただ、その反面、時代に取り残された感覚も同じくらい大きいです。

キャディさんの取り組みも、すばらしいですが、町工場自体をアップデートできる活動があれば、更にすばらしいです。

そのためには、企業側も、町工場側も、「捨てるべきもの」を合意して、一緒に前に進む必要があると思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
加工要素でみるというのは本当にそう思う。納入先の業界が違っても、使っている工作機械はアマダとかDMG森とか同じだったりするわけで。
そのなかで、受注量から財務、特にキャッシュの状況が分かるという話が書かれている。Amazonとかと同じ発想でトランザクションレンディング。ただこれをするためには、CADDi側に資金余力があることがまず必要で、金融業がコアではないなかでそこはやるとすれば金融機関と組んだり、データを提供するといった形になるのではないかと思う。また、財務の状況をよりクリアに分かるという意味では、受注だけでなくコストサイドも分かるほうが嬉しい。ミスミはmeviyでCADDiと戦おうとしているという理解で、meviyと従来からのVONAでこの両面がもう少し解像度高く見えるのではないかと思う(顧客チャネルをすでにずっと有して資金力があるミスミと、CADDiがどうやって戦うかは、気になっているし頑張ってほしい!)。
1990年代の後半、中小の販売事業者が少しずつネット通販を始めていき、その後の越境ECが普及していった状況とある意味似ているのかもしれませんね。それまでの商圏が限られていた状況から、顧客が一気に全国、あるいはグローバルな範囲にまで広がる。

ものづくりの力はあっても販売網や経営力が不足している中小の町工場も多い中で、キャディのようなすばらしいプラットフォームが日本の製造業をぜひ下支えしていってほしいですね
バイヤーとサプライヤーを紐つけたプラットフォームでは、トランザクションが見えるので、融資はそのトランザクションデータに基づいて実行できます。欧米では両者の売掛金や買掛金の管理をすべてデジタル化している企業が急成長しています。
仕事のニューノーマル特集(https://newspicks.com/news/4985057?block=side-news-series)に続き、平岡記者が本日から3日連続で「技術のニューノーマル」について詳細リポートしてゆきます。ぜひ合わせてお読みください!
こういうの1割動かせたら、すごいと思います。動いて欲しいですね。期待も込めて。

『すべての企業が(変革に向けて)動くかというと、そうは思えません。本当に動く企業は10%もないかもしれません。』
ファクトリーサイエンティストでものづくり町工場をアップデートします(^^)
この連載について
テクノロジーの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company, Inc.)は、シカゴ大学経営学部教授のジェームズ・O・マッキンゼーにより設立された、アメリカ合衆国に本社を置く大手コンサルティング会社。ドイツポストの経営権を握っている。米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界60カ国に105以上の支社を持つグローバルな戦略系コンサルティングファーム。 ウィキペディア