新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
原油は下げ止まってますが、電気料金などのエネルギー価格にはタイムラグを伴って反映されますし、コロナショックに伴う大幅なデフレギャップが当面続きますから、しばらく日本はデフレでしょう。
民間エコノミストのコンセンサスでも、今年度のCPIインフレ率は▲0.48%です。
補助金が配られたとはいえ所得環境が悪化し需要が減っていますから物価に下降圧力がかかるのは当然で、新型コロナの影響が深刻だった欧州でも、経済が強くウイルスの抑え込みにもそれなりに成功したドイツあたりを除くと、5月は軒並みマイナスになっています。今の環境下、生鮮食品を除くエネルギーを除くと0.4上がっていることの方が生活実感として家計には堪えそう。
全国消費者物価指数が発表され、総合指数は101.8(前年同月比は0.1%プラス)、生鮮食品を除く総合指数は101.6(前年同月比は0.2%マイナス)となりました。

消費者物価指数 2020年5月分 
https://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/index-z.html