新着Pick
198Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
小泉純一郎首相が、中曽根康弘、宮澤喜一両元首相に引退勧告を行ったことを生々しく思い出します。中曽根首相が「政治テロだ」と激怒したことも。しかし、これは小泉首相しかできない英断であったと今も思います。人生100年時代はまさにその通りですが、日本のシルバー民主主義は今、弊害の方が明らかに多いと思います。女性と若手の登用が強く求められていると考えます。私もまもなく62歳ですが、もうコロナ時代やアフターコロナには対応できない世代であることを肌身に感じています。世代交代や男性社会からの離脱は必須です。
二階俊博幹事長は81歳。県議から国会議員になり、田中角栄元首相に師事し、旧経世会分裂で自民党を飛び出して紆余曲折をへて、自民党に復党。しばらく冷や飯を食う日々を過ごしたこともありましたが、それまでは水と油の関係とみられていた安倍晋三首相に練度の高い「政治技術」を買われ、幹事長に上り詰めました。

政局の嗅覚に鋭く、言葉一つひとつを額面通りに受け止めるわけにはいかないような、いまや「絶滅危惧種」ともいわれる古いタイプの政治家ですが、この発言は率直な本音でしょう。世代交代というなら、だれかに席をあけてもらうことなど期待せずに、自力でもぎとれということだと思います。ちなみに私は昔、二階番をやっていましたので、「二階語」を少しは理解しています。
比例区では、定年制を設けた方がいいと個人的には思います。

高齢者の人口が増えており「シルバー民主主義」によって若年層が割を食っています。

より若年層に近い議員を当選させて、広い年齢層の利益を守ることが大切ではないでしょうか?
自民党の高齢議員が勝つことが、日本の政治を良くすることには直結しないですよね?

まぁ、芸能人にきちんと政治の基本を教えないで選挙に出すくらいです。
日本は、民間企業より政治家の方が国際スタンダードから見たら、レベルが低いのかもしれません。
若者の有権者は投票率も低いかもしれませんが、絶対数も少ない。一票の重さに大きな世代間格差があります。その解消は、若者の自発的意思ではどうにもなりません。
それを「(誰を当選させるかは)選挙民の皆さんがお決めになること」と一蹴するのは違和感がありますね。
選挙に勝つことは国会議員になって国民のために働くための手段なはずでそれを目的化している。国民が欲しているのは選挙に勝つ人ではなくて、国民目線で政治をしてくれる人。今の状況を鑑みて、日本はシルバーデモクラシーの弊害が目立つ。将来に責任を持てる若い世代のために席を空けて欲しいのが、正直なところ。
比例はさすがに定年必要でしょう。小選挙区は二階幹事長の言う通り選挙に勝った人が偉い。経営者にも定年なんてないですからね
コロナの対応でITをはじめとする新しい技術が必要という時期にあって、政治家が若いことのメリットはとても大きいと思います。日本のIT大臣が80歳を超えていて、コロナに対する有効な政策を打ち出せなかったことが、台湾などの諸外国に比べて鮮明に現れたのは間違いないです。他国では数ヶ月前に済んでいる現金支給が日本では遅々として進まないのも、日本が後進国になりつつあることを印象づけました。
ウィズコロナ時代において、これらのことは絶対に政治家の年齢と共に考えないといけないことです
年齢制限は要らないが、「選挙に勝てるかどうか」じゃなくて、知性・教養・識見に優れ、大所高所から国を導ける人材を国会に送りたいですね。目先の選挙のことばかり考える議員は要らない。小選挙区制の欠点かもしれません。
両氏の発言からも、ポスト安倍をにらんだ微妙な駆け引きが始まっていることが伺えます