新着Pick
1014Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾン出身の起業家が、アマゾンと戦うためのスタートアップを作る。そのテクノロジーが、日本の小売業界を面白くしそうだというお話を書きました。

Zippin創業者のクリシュナは1999年、かつてジェフ・ベゾスが働いていたDEショーという金融会社の入社面接時に、優秀な人がどんどん、ベゾスを追いかけて転職してゆくことに気付いたそうです。そこで自分も、アマゾンで働くようになったと。

そんな彼が作っている無人店舗のソリューションをつかって、日本のコンビニエンスストアが、面白い実験をいろいろと進めています。冒頭に紹介したのはあ、AmazonGoならぬ、タワーマンション内につくる「タワマンGo」。小売業界をじょじょに、しかし確実に変えてゆく取り組みをご一読ください。
タワーマンションコンビニはソリューションや実用化の1つの手段で、無人コンビニやスマートコンビニがどう普及するか、という視点で記事を見た方が良いと思いました。

記事内にもありますが、構想を実現させるための店舗あたりの初期投資の重さと回収期間がボトルネックになりますし、UXを高めようと思えば回収にさらに時間がかかることで普及が難しかったのは中国の無人コンビニブームで検証されています。

一方で、ゆくゆくは投資額が下がったり、マネタイズのチャネルが拡大することでスマートコンビニの一般化が進んでいく時代に突入すると思います。

個人的にはタワーマンション在住でも、外出明けから帰る際に1階のコンビニで買えば良いと思いますし、自宅にいる際はUBER EATSのように配達された方がユーザビリティが高いのではとも思います。

いずれにせよ、中国の便利蜂がDXによるスマートコンビニで破壊的成長を遂げているので、日本でも独自的な広がりに期待したいと思います。
レジ待ちのストレスは高い。コロンビア大学の調査では、レジ列が10人から15人になると購買率で30%マイナスに。ひどい場合は70%もマイナスになることがわかりました。レジ待ちなしのコンビニは有効です。

中国やオランダ、英国でもキャッシャーレスのコンビニが登場しています。設備投資はAmazon Goより少なく設営期間は6週間という短期間。

顧客のストレスを抑え、人件費も抑えるという店舗づくりが増えそうです。
2018年にZippinをローソンさんにお引き合わせした際、アクセル・ロボティクスを始めとしていくつかの競合がいました。我々は既存投資家、マネジメントの経験、実務に耐えられるサービス等の点でZippinをプッシュさせて頂きました。
「実務に耐える」と一言で言うのは簡単ですが、インタビューでもあるように日本型のコンビニにおけるケースの様々な検証を経てサービス実現に至りました。華やかなシリコンバレーの連携事例の裏側には必ず地道なプロセスがあることを物語るケースだと思います。

今回の取り組みが日本における小売業界のイノベーションを加速させることを期待しています。
無人店舗システムのZippinの記事。
無人店舗は、コスト削減と購買体験向上の両輪。コンビニなどは接客を求めているわけではなく、日本では労働力が減る中で業態持続に必要なシステム投資で、自動改札や工場の自動化と同じ、不可避の流れだと思う。ただ待ち時間減少など購買体験の向上も実現して、消費者に受け入れらることも必要。
一方、下記ローソンの言及は、FCオーナーとの関係性や社会インパクトから安易に言えないだろうが、どうだろう。日販50万円として1年1.8億円の売上の店舗で、例えば人件費を24時間・時給1000円で一人削減すると年間約900万円の削減。レジ以外の業務もあるが、1000万円規模の投資をしても労働人口と経済性含めて持続可能な業態を作ることこそが、今後のコンビニ経営の本丸だと思う。
『「アマゾンのように、1店舗に数億円をかけるオプションはありません。1000万円でも難しい。しかし数百万円のレベルに抑え込めたら、というシミュレーションはしています」(ローソン牧野氏)』

無人店舗で最近気になる点。

①以前編集部が取材したStandard Cognitionの進捗。日本ではパルテックと組み薬王堂で2019年夏から実験予定だったが、多分まだ。
https://newspicks.com/news/3483158

②すでに提供を始めた高輪GWのJR東+サインポスト。チューニングで認識率が75%→95%まで上昇。
https://newspicks.com/news/4970840

③Amazon Goは、今年からスーパーサイズも開始。面積が大きいほど人も品数も多く、認識が累乗で難しくなるはずで、精度が気になる。
https://newspicks.com/news/4666296

④Amazon Goはシステム外販を開始。Amazon IDを必要としないのは経済圏に組み込まないことで、Amazon自体がリアル店舗の拡大はあきらめたのかなど、戦略も気になる。
https://newspicks.com/news/4747331

⑤画像式かRFIDか。自分はRFIDの値下がりが下記の東レの2円含めて見え、棚卸などでも活用できるので、中長期では本命だと思う。
https://newspicks.com/news/4553387
Zippinは彼らの投資家であるPear Venturesからの紹介でお会いしたスタートアップです。Pear Venturesはスタンフォード等のトップ大学と連携し、厳選された大学コミニュティー発のスタートアップに投資するシードステージのVCです。彼らのピッチイベントはシリコンバレーでは最も注目を集めているイベントです。Zippin は日本でもずいぶん知名度を得てきましたが、当初はどちらかというと米国市場に特化していました。米国の店舗の付加価値機能の先進ユーザーであるホームデポ等で実績を積み重ねており、インタビューしてみたところ高い評価が確認できたので、興奮してローソン牧野様に相談しました。

Amazon GO的なサービスがたくさんある中、ローソン様には的確に日本の小売の先進性やニーズを先方に納得させ、実オペレーションにおいてはクリティカルな細かな点を時間をかけてテストし、富士通様と二人三脚でZippinとのプロジェクトを進めていただきました。

創業したばかりのクリシュナと会ってから2年近くの時間が経ちますが、Lawson GOがはじまり本当に嬉しかったのを覚えています。
並ぶことない、レジなく簡単にチェックアウト可能という完全なメリットにやっぱり課金しますよね。

少し高くてもいい商品、少し高くても早く買いたい
タワマンに住んでる層はそう思うはず。
たのしみです!
いわゆる無人コンビニも実用検討段階に入っているのかと。ここ2年ほど各種テストが実施されてきましたが、これからはスケールアップと通常チェーンオペレーションへの組み込みが求められます。今回のものがどういうテクノロジーかはわかりませんが、電子タグの普及と合わせて進めていくのでしょう。

1. レジ業務以外も簡素化が必要になります。コンビニの配送はチェーンや地域により異なりますが、1日あたり10回ほどあります。また、賞味期限の確認をする時間も10回ほどあります。清掃業務、品出し、レジ締め業務などあるのでレジレスが無人コンビニにはなりません。そこも含めた店舗オペレーション全体の見直しをしなくては、システム導入費用追加で得られる人件費削減効果も限定的になります。つまり、常時ワンオペか近隣店舗から人をよこし必要業務を行わせるパターンで最適化しなくてはいけません。

2. フランチャイズモデルの再構築
単純にIT設備は初期投資もランニングコストも本部負担です。一方、店舗人件費は店舗負担です。このシステムは、本部負担増で加盟店経費削減を行うものです。なので、レジレスコンビニには、それ専用のフランチャイズパッケージが出てくるはずです。

3.上記2点から考えると、複数店として運営し、複数店経営者の収入増に役立てる感じかと思っています。もしこれが成り立てば、レジ有りコンビニの母店にも導入することで、1店舗運営するのと同じ人員で複数店を運営できるようになるかもしれません。

4. マイクロマーケットの深耕はコンビニ各社が進めているところです。記事にもありますが、あくまでタワマンGOはその象徴で、本丸はマイクロマーケット市場の獲得です。デリバリーがいくら発達しても、近くのコンビニの方が早く商品を手に入れる事ができます。ローソンは、ローソンフレッシュを畳み、ローソンフレッシュピックもサービス停止するメールが来ていました。ラストワンマイルは重点政策ですが、UBER EATS との協業と並行して、お客様の近くに店を作る事も進める方針なのかもしれません。
タワマンて無人コンビニ作らなきゃいけないくらい
本当に不便+土地の価値の恩恵受けられない+将来の修繕の問題山積み+管理組合の問題など山ほどネガティブポイントあるのになんで人気なんだろう。いっとき流行った相続税対策も、もう厳しくなり不動産詳しい人は絶対買わないけどいまだに人気。不思議なんだよな
タワーマンションの無人店舗は、同じ様な客層に対する品揃えのし易さなどから分かり易いユースケースですね。

ただ、ユーザー視点だけで考えと、「外に買い物に行くのが面倒だからマンション内にコンビニがあると便利」という価値観が前提なのであれば、そもそも部屋から移動しないで商品を入手出来るのが一番良いはず。

とすると、まだ実用化は先だと思いますが、タワマンのベランダにドローンの配達ボックスが設置されて、Amazon Primeで届けてくれる未来が楽しみです。(タワマンに住んだこと無いですが)

ちなみに、将来的にドローン配送が実用化されれば、不動産価格に変化が起きると思います。
https://newspicks.com/news/4943119?ref=user_1400096
この連載について
アップル、グーグル、フェイスブックを育ててきた、シリコンバレーのベンチャー投資産業。その輪の中にいる投資集団「SOZO」が、初めてベンチャー投資の舞台裏を案内する。
株式会社 臨海(りんかい)は、神奈川県横浜市神奈川区に本部を置く、学習塾「臨海セミナー」を運営する企業である。私立中学・公立高校・大学などを目指すためのコースを持っている。 ウィキペディア