新着Pick

今、転職するために必要なこと。 コロナ禍で未経験の求人激減、買い手市場で選考も厳しく

Business Insider Japan
新型コロナウイルスの影響で、企業の景況感が悪化している。 内閣府と財務省が6月11日に発表した法人企業景気予測調査(4〜6月期)によると、景気が「上昇」していると答えた企業の割合から「下降」していると答えた企業の割合を引いて求める「景況判断指数(BSI)」は、大企業・全産業でマイナス47.6。リーマ...
152Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
企業のフォーカス分野とプライオリティにより、求めるスキルが決まる。 withコロナでは、今までの戦略の見直しもあり、より慎重な採用となるだろう。 今まで業績が伸びていた企業も、ビジネスモデルそのものを見直すことに迫られている。 転職する人の強みが企業のニーズに合っているかが、より即戦力を求める今の企業のチェックポイントとなるだろう。
市場が、このような状態なので、人材市場は、バリエーションが普段より大きく低下しています。企業側としては買い時ですが、転職者側からすれば、普段より評価が下がるので、この時点での転職は、あまり得策ではありませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
転職市場のマクロの変化は致し方ありません。
どんなに市場が変化しても、個人にできることは、自分だからできることを磨き、それを欲している企業と出会うことだけです。
リーマンショック時に未経験含め、積極的に採用を推し進めていたベンチャー企業は、今や日本を代表する超大企業に成長している、なんて話を聞いた事があります。
この混乱期における転職は逆にチャンスである、という捉え方もできますね。
新型コロナが足元の転職市場をどう変えているのか全体としてイメージを掴みやすい記事でした。環境が不安定でも転職する人は強いなと思います
まず自分に目を向け、その上で将来のキャリアにそくした会社が募集していれば、そこにエントリーすれば良いし、なければステイ、もしくは部署移動等で様子を見る