新着Pick
651Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
50年後には昆虫の粉末が普通にタンパク質料理の原料になるでしょうね。
人気 Picker
昆虫食が広く普及し、これのお陰で環境問題が改善したと言われる段階となるためには、色々な課題をクリアする必要があります。

まずは技術的課題。肉類よりも安いか、同等と言える程度に生産・加工・物流コストを抑える必要があり、このためには大量生産技術と効率の良い流通ルート構築が重要です。また、既存の生態系を脅かさない、安全な昆虫食文化に向けたルールを国際的・国家的に作っていく必要があります。

そして消費者許容の課題。昆虫はあらゆる地域で常食とされていたり、高級食材として受け入れられているのだから、現在の肉類よりもコストが安くたんぱく源として合理的になれば自動的に普及するだろうという説もあります。
しかし個人的には「穀物を守る上での敵」と大昔から本能的に刷り込まれていることによる忌避感は多くの人に残っているのではと考えています。また、日本では害虫駆除の一環で昆虫食が発達したということが有名ですが、こういったバイアスを取り払い、なにか昆虫食が進んで受け入れられるような既存世代のマインドセット打破のための仕掛けが必要だと思います。そしてこれからの世代が昆虫食を受け入れやすくなるよう、戦略的な教育を行うべきか否かについても、検討する必要がありそうです。無印良品のコオロギせんべいが、昆虫食が実は当たり前に受け入れられてもおかしくないナチュラルな文化であることを、既存世代とこれらの世代両方に伝える良いきっかけになることに期待します。
パリで初めて昆虫食を取り入れたパブレストラン「ル・フェスタン・ヌ」(Le Festin Nu)は、どうやら閉店したようです。

電通ベンチャーズは2016年に米国のコオロギプロテインバーのexo社に出資しましたが、聞いたところでは利益が出ず既に撤退したとのこと。

昆虫食は何かと話題になりますが、簡単ではないです。私は愚直にコオロギの繁殖方法を探究しています。色々言われますが、生き物であり、食品であり、飼料であり、ペットの餌でもあるコオロギの繁殖は多様な側面を持ち、営みとして非常に面白いです。そして機械化が極めて難しい。やればわかる。

昆虫食(entomophagy)といっても、昆虫だけで数百万種、伝統的な食用昆虫だけで2000種程あり、しかも幼虫や蛹など成虫ではない段階で食べる場合もあるので、その飼育の環境影響や栄養価などを一概に言うことはできません。

さらに、人間が食べるにしても、直接食べる(そのままの形で、あるいは粉末等に加工して)か、魚や鶏の飼料として与えるか、または食品廃棄物や畜糞の処理方法として捉えるか、天然ものか養殖の昆虫かで変わります。そして、養殖であっても飼育方法によって全く変わります。

食糧危機や環境問題のためということになると(その為に昆虫を食べる人のことを"geoentomarian"と呼ぶ)、その辺りはちゃんと評価する必要があります。

2013年のFAOのレポート以降、昆虫食は環境に良いとされていますが、当然ながら場合によります。よく引き合いに出される飼料要求率(FCR)は、養殖コオロギは鶏と殆ど変わらないという結果も出ています。

また、温室効果ガスに関しても、よく牛のゲップが問題になりますが、大気中のメタンの20%はゴキブリやシロアリの放屁によるもので、都市化によってゴキブリが増えてさらに増加するかも知れないという研究もあります(一部のゴキブリは食用で大量生産されています)。

動物倫理の問題で、毎年700億頭殺されている鶏や牛豚よりも昆虫の方がマシという考えもありますが、昆虫を含む節足動物は痛覚があるからダメという人もいます。

そして、何らかの"価値"があるとしても、それを盾に他人や他国の食文化に介入することは慎重であるべきでしょう。食べたい人は食べたら良いと思いますが。
昆虫食は環境によいイメージを持たれがちですが、昆虫の大量飼育には膨大なエネルギーが必要です。
そして、まだ大量生産できないことが課題にです。

なお、昆虫の大量飼育は、植物工場のようなところで飼育され管理されるため、工場が大量に潰れて昆虫が外に放たれるようなことがなければ、既存生態系に影響を及ぼすことは考えにくいです。
なんとなくゲテモノ扱いになりがちですが、この記事にも紹介していあるように、これからの食料資源としての期待も大きくなっています。

そもそも食べものは慣れの問題が大きいのです。そのままの姿で食べるのには抵抗があっても、粉末にしたものなどであればすぐに当たり前になるでしょうね。そういう意味で、無印が発売を始めたというのは意義が大きいと思います。

それより心配なのは今年の蝗害。サバクトビバッタは食べられないのでしょうか?
昨年スペインで開催されたCOP25(国連気候変動枠組み条約交渉締約国会議)のサイドイベントの一つで、「気候変動対策として昆虫食を推進する」という主張をしている団体がいました。
「匂い強いので、普及しないのではないか」という質問に対して、「子どものころから慣れさせれば大丈夫」といったような回答があり、さすがに、気候変動第一主義になり過ぎてやしないかと思ったものでした。
生産コスト、栄養価などのメリット、嗜好性などの点で、既存の食糧に勝たなければ普及しませんよね。
考えてみれば、我々はグロテスクな外見のナマコやホヤ、エスカルゴも食べているわけですから、昆虫食に抵抗があるのは慣れていないからであって、先入観を払拭できれば意外と美味しいと思うようになるのかもしれません。
ちなみに不妊症の生薬としてよく服用される動物性の生薬には、牛の胆石(牛黄)、亀の甲羅、魚の浮袋、蟻、水蛭(ヒル)、鹿茸(鹿の角)、海馬(タツノオトシゴ)などもあり、効き目のある薬として知られています。自分に必要な効能があるのであれば「気持ち悪いから飲まない」という人は少ないのでは?
わざわざ食べるもんじゃないでしょ
* 大場さん待ち。
以前から国連が指摘している流れですね。
イナゴの佃煮食べる地域で育ちましたので、個人的には全く抵抗ありません。
北京の雲南料理店でよく昆虫料理を注文します。

いなご(のようなもの?)、蜂の子(のようなもの?)を単に素揚げにしてあるだけなので、見た目のインパクトが強く、食べられない人もいるのですが、サクサクしていて香ばしくビールにとてもよくあいます。サソリも食べたことがありますがなかなかいけますね。

ただ、以前道端で売っていた真っ黒なクモ、ムカデ、セミの串焼きはさすがに口にする勇気がありませんでした。
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
7,112 億円

業績