新着Pick
165Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
緊急事態宣言解除から2週間以上たっても下がり止まったまま横ばい、とてもよい経過かと。
完全に気を緩めてよいという意味ではなく、今くらいのそこまで無理のない生活は続けてよいでしょうし、

ここから先どこまで普通の生活に戻せるかは試行錯誤で。

大人が満員電車や居酒屋とか行ったりしている一方で、
子どもの学校生活は過剰に制限されている地域もあるよう。
必要以上の規制は是正していってもらいたいです。
コロナウイルスと共存することが決まった以上、感染者がいる状況は東京都で生活する上で新たに加わった日常のリスクと捉えるしかないでしょう。生きる上でリスクは避けられませんが、リスクには、修正可能なリスクと修正不能なリスクがあります。

通勤中に感染を生じるリスクは、交通事故や電車事故に遭うリスクと同様、ゼロにはなりません。しかし、それを減らす方法をすでに学んできたわけですから、日常の中で、赤信号を待って交通事故を避けるのと同様、個々人の価値観との折り合いの中で、自分の修正できる範囲で実践していけば良いのだと思います。

手指消毒やソーシャルディスタンス。できる範囲で引き続き習慣化していきましょう。
6月7日時点で全国の累計患者数が16,950人、東京の累計患者数が5,383名と、全国の約3分の1が東京都ということになります。このまま大きな第2波になることなく、収束してくれることを願います。
10人~20人程度でしばらく推移していくのであれば、緊急事態宣言は何だったのかということになります。

2週間後に顕在化するという前提に立てば、緊急事態宣言解除後の感染者はこれからの1週間や2週間で判断されますから。

満員電車のような密な状態でも、マスクをして私語を慎み後で手洗いすれば感染リスクは少ないと主張する専門家も出てきています。

いまだ都内の様々な施設ではかなりの締め付けが行われています。

あまり効果がなければ、積極的に緩和すべきだと考えます。
結局緊急事態宣言必要なかったってことでいいのかな?その決定に関わったものは政治的な責任を取るべきだろう。
クラスタ対策をしながらコロナと共存していく、そんな道筋が見えてきたのではないかと感じます。
東京の新規感染者が6/28日前後に100人を超えるという推計も見ました
https://togetter.com/li/1498773