新着Pick
403Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
視覚的情報で3密の程度を判断できるのは、これから定着するのではないでしょうか。
渋滞情報や天気予報と同じように視覚情報で判断できるので、行動変容につながりやすいとおもいます。渋滞情報と同様に時間帯での予想もできるので、新しい生活のキーになるかもしれません。
グーグルはGPSでほぼリアルタイムの情報を集められるはずだから現在のような環境であればもっと積極的にデータを出せばいいと思います。そして日本の鉄道会社もコロナ対策が施されている期間くらいはリアルタイムの混雑状況を還元して欲しい。画像データを使わなくても電車の運行消費電力、荷重で簡単にわかるはずですので。
混雑状況がわかっても、日本のサラリーマンは「混雑してるので遅れて出社します」ということができません(汗)

かといって出社時間等に自由度を持たせると、収拾がつかなくなります。

(出勤が必要な業種は)各企業ごとに時差出勤を進めるしかないのでしょうね~。
グーグルマップは日本では必要不可欠の地図アプリに成長しました。かつてガラケーの2インチほどの画面で地図アプリを使っていた頃からすると、今は本当に日常の様々なシーンで普通に使っています。駅の混雑状況をどうやって伝えるデザインになるのかが大事なので、新機能に期待しています。

なお、地図アプリに関してはグーグルマップよりも韓国のカカオマップ(韓国版のグーグルマップと考えるといいでしょう)がもっとすごかったりします。韓国の地図情報は韓国の国外にあるサーバにおけないこともあって、グーグルマップが苦戦している地域なので、独自のサービスを追加してとても使いやすくなっています。もともとはDaumマップでしたが、カカオトークのブランド力に吸収されてカカオマップとなりました。

カカオマップではコロナ対策としてマスクの在庫状況がわかる機能が追加されましたが、今後はこのようなコロナ対策の機能が追加されることも多くなるのでしょう。
これは素晴らしいサービスです。
日本での早期実装を望みます。

上手に使いこなせれば、混雑を避け、より有意義に時間を使うことが出来るようになります。
時間は有限の資産ですから、テクノロジーによって上手に使える手段が確立されれば、
これに越したことはないです。
これは素晴らしい機能ですね。日本にも対応してほしい。
コロナに限らず、東京の異常な駅の混雑を回避するためにも、時間差出勤の根拠にするなど、いろんな使い方がありそう。
駐車場の「空」「混」「満」のようなイメージで、「空」「密」「陽性者が昨日通った」みたいになるのでしょうか。
さすが。このスピード感とニーズ対応性こそ、GAFAが圧倒的プラットフォーマーたる所以だと思います
あとは、使う側の資質でしょうね。

Googleが、どれだけ良質なデータを提供してくれても、使うユーザー側が、それを上手に活用できなければ、結果はでないというところが難しいところでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
リモート勤務や時差出勤が認められていても、それが定着していない限り、大抵は混雑する時間帯に電車に乗らざるを得ないよね…
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
201 兆円

業績