新着Pick
155Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あまり比較に大きな意味を持たせてはいけませんが、参考までにもう少し身近な感染症の例をお示しすると、例年の季節性インフルエンザ関連の死亡者数が世界で40万人前後と推計されています。これは1シーズンを通しての総数です。

一方、コロナウイルス感染症の広がりは、いまだ道半ばであり、今後第二波も予測される中で、すでに40万人を超したということです。

ワクチンも入手できない中、これまでの感染症への対応とはスイッチを切り替え続ける必要があることを改めて感じさせられる、重い意味を持つ数字ではないかと思います。
日本やヨーロッパではカーブがフラットになってきていますが、ブラジル、ロシア、インドなどでは感染拡大傾向が続いています。世界全体でみた日々の新規感染者数は、4月は1日あたり8万人ほどでしたが、6月に入ってからは1日あたり12万人ほどに増加。さらにはブラジルが感染者数や死者数の公表をやめるなど、混沌とした状況です。

数字だけみると感覚が麻痺してしまいますが・・・、最も死亡者数が多いアメリカでは4月~6月の間、コロナによる死亡が死亡原因の1位~3位の中を行き来しています(ちなみに死亡原因の1位は心疾患、2位はがん)。それほどの死者数を出しうる病気であることを、改めて認識させられます。
感染症だと、結核で毎年150万人、エイズでは毎年80万人が、近年では、全世界合わせると亡くなっています。
 しかし、欧米や日本では、毎年数十万人が結核やエイズで亡くなるということはありません。そのため、数十万人の死者が出る感染症が欧米で新たに現れると、重大なニュースになります。
 一方で、毎年結核で50万人が亡くなるインドや、世界のエイズ感染者の7割、2500万人が感染しているサハラ以南のアフリカでは、新型コロナウィルスに対する印象も違ってこざるをえないでしょう。対策も、本来、欧米などとは別の方がいいでしょう。
 インドでは、新型コロナウィルス感染者は、毎日1万人ほど確認されるようになっています。いずれ、世界最大の感染者数に達するでしょう。それで、ロックダウンで経済活動を止めています。しかし、医療資源や人材が新型コロナウィルスに振り向けられたことや、ロックダウンによる貧困、衛生環境の悪化で、結核の死者が跳ね上がり、毎年60万人は超えるのではないかという予想もあります。
世界的な流行が続いている以上、日本国内でいくら抑え込んでも、海外から入ってくる可能性はあり、

それを完全に防ぐことは無理なので、
そうやってまた一部での感染流行がみられた時にどう対応するかを考えておく、というのが大事かと思います。
せめて人口あたりで見てみませんか?実はすごいのはベルギーだったりします。

ブラジルのコロナの影響は本当のところはどうなのか
その1 https://note.com/bvc/n/n5b597056675d(他国比較)
この現状で、来年に東京オリンピック、パラリンピックが開催できるとはとても思えないのですが、意思決定は先延ばしですか?
でも、やはり気温と湿度は大きな要素なのですね…
となると、まだ寒さが残るロシアは今しばらく続くのでしょうか?

ラテンアメリカは、陸続きの国にはブラジルの大統領はトランプ大統領よりも厄介な存在でしょう。
クーデターにでもなれば、更に混乱に拍車が掛かりますが、とにかくブラジルを抱えるラテンアメリカが、若い層が多いアフリカより懸念します。
人口1000万人以上の国を新型コロナによる死者が多い順に並べると

ベルギー
イギリス
スペイン
イタリア
スウェーデン
フランス
オランダ
アメリカ
カナダ
エクアドル
ブラジル
ペルー
ポルトガル
メキシコ
ドイツ

西ヨーロッパとアメリカ大陸に固まっている事が判る

つまり Covid-19 は世界的なパンデミックと言うより西ヨーロッパとアメリカ大陸ローカルな脆弱性を持つ流行病と考えられる

https://ourworldindata.org/grapher/total-covid-deaths-per-million?tab=chart&country=OWID_WRL~GBR~ITA~FRA~USA~BEL~ESP~SWE~NLD~CAN~ECU~BRA~PER~PRT~DEU~MEX