新着Pick
125Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ほかの方も指摘されていますが、私も「仕事は引き算」は自分の苦い経験を踏まえてとても大切と思います。KBSの卒業生に(特にコンサル系)に言っているのは、「仕事をするな」ということ。MBAだと即戦力、成果を出さなくてはいけないとばかりに「仕事をする」のですが、仕事そのものが目的になったり、資料をたくさん作って満足したりして、結局一番重要な「成果」と「成長」が忘れられることが多いと思うからです。
作家兼IT企業役員の上田岳弘氏の連載第5回をお送りします。
---
芥川賞作家の上田岳弘氏は、実は経営者でもある。大学卒業後、法人向けソリューションメーカーの立ち上げに参加し、その後役員となった。言うまでもなく、作家も経営者も片手間にできる仕事ではない。

作家として食べていけるようになったいまでも、上田氏が会社経営から退かない理由は何か。そもそも、なぜ兼業が可能なのか。その生き方と仕事術を聞いた。

SF的と評されることの多い作風だが、コロナ後の世界をどう予測しているのか、作家の発想と世界観にも迫る。(全7回)

■第1回 作家とIT企業役員を「兼業」する理由
■第2回 ベンチャー経営と作家を「両立」する仕事術
■第3回 作家になるための修行「3ステップ」
■第4回 2020年は来なかった。コロナ後、小説はどう変わる?
■第5回 「兼業」の極意は「引き算」、得意なことだけに集中
■第6回 僕を形作ってきた読書による教養
■第7回 ブロックチェーンは国家に代わって暴力の抑止力になる
仕事の哲人、第五回目です。
兼業がここまでポジティブに受け入れられるようになるなんて、時代はかわりましたね。
仕事は「引き算」。やらない不安に耐えなければならない。・・本当に重要な言葉です。肝に銘じます。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。