新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
疑念を持たれる行為はしないのが一番。 もし誤解があるということであれば、ぜひわかりやすい説明を。 誰もが納得できる話なのか、なにかを隠そうとしているのか?が問われていることを自覚して回答してほしい。 ことの大小ではない。
「法令にのっとり職務の特殊性などに応じて個々に行っている」と記事にあるが、これだけだとすると理由を理解するのに不十分。
本当のところどの程度「重大な障害が生じる」のか分からないのでコメントは難しいけれど、国税庁、国税局、税務署など併せて56000人の職員が平均40年勤務するとしたら毎年の退職者数は1400人ほどで、中途退職者もいるでしょうから、毎年1000人なら、定年を迎える職員のかなりの部分が延長されているようですね (@_@。
「一斉退職により確定申告の業務に重大な障害が生じる」とありますが、職員の誕生日(定年月)が確定申告前に集中しているわけでも無いでしょう。年功序列終身雇用の強制的な出口である定年に関する民間の運営はかなり厳正で、昔の定年年齢に当たる50歳代半ばまでに給料が下がる会社も未だ多い。そんななか、公務員さんが「特例」を一般化して3ヵ月分の仕事と賃金の恩恵を受けているとしたら、民間企業の人々は羨ましく思いそう (^^;
確定申告の締め切りが3月15日となると、年度替わりの人事異動が重なるのは厳しいと思います。

まあ、3ヶ月くらいならいいのではないでしょうか?

それで大幅に退職金が増額になるというのであれば、話は別ですが。
定年後も引き続き勤務できると定めた国家公務員法の勤務延長制度を利用し、国税庁が2011年度から毎年千人前後の職員をほぼ一律に約3カ月間、継続して勤務させていることがわかったとの共同通信の報道
理由を見て、なるほど....と妙な納得をしてしまったが、慣習でというのはよくないなと思いました。