新着Pick
717Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
元々オフィスに集まって仕事をしていたからそれに近しい状態をテクノロジーで再現しようとしてしまいがちですが、本来それらの業務をどういった形で実施するべきなのか本質的に考えてテクノロジーを活用していきたいです。

いずれにしてもネットワークの増強は前提になりそうですね。まずは自宅を光回線化しよう。
人気 Picker
弊社のNEUTRANS BIZを取り上げていただきありがとうございます!

NEUTRANS BIZは会議だけに特化したサービスではないのですが、記事にあるようにコロナ禍で活用が進みました。

通常の会議はZoomなどで十分なことが多いですが、真価を発揮するのは医学系やメーカーなど3Dモデルを使用する必要があるリッチな会議。VR空間内で細部まで確認してコミュニケーションを取れるので非常に好評です。
また、その特性を活かして展示会での利用相談も増えています。

VRと聞くと、まだまだエンタメ色が強いとイメージされるかも知れませんが、実際のところビジネスともかなり相性が良いです。
デバイスの普及等、まだまだ課題も多いですが、ソリューションのひとつとしてVRが身近になるのも時間の問題な気がします。
いずれも面白い取り組みだな、と思う一方で"オフィスに一緒にいる"環境づくりが前提になっています。いままでオフィスにいること(目の届く範囲にいること)が評価の前提で、今回のコロナ禍の変化はそれ自体を変えるいいチャンスです。これからもっと新しい価値観に基づいたサービスが出てくると思いますが、私たち自身も考え方を改めていく必要があります。

文中に国境を越えた働き方や、グローバル人材の受け入れについて書かれていますが、余計に"同じ時間帯で働く"こと、つまりここに出てくるサービスのように肩を並べて働いている状況というのは難しくなります。

コミュニケーションの円滑化という意味ではVRの活用は大賛成ですが、どう働くか、またどうしていると働いていると認識するのかはもっと議論が必要です。
テレワークやZoomの普及、どうぶつの森のブームなどで注目が集まる仮想現実や遠隔によるコミュニケーション。

遠隔や仮想空間でもコミュニケーションがとれるんだという認識が広まったことで、同分野のさまざまな技術が急速に受け入れられていくかもしれません。最新の技術やサービス事例を、プロピッカーの玉城絵美さんに紹介してもらいました。

ホログラムでも「常に隣で座っていてほしい」という感覚はとても興味深かったです。Slackがオンラインだからといって声をかけてもいいかなどは(無駄な配慮とわかりつつ)考えてしまいがちなので、ぜひ試してみたいと思いました。
記事にある遠隔技術で「人材流動性」が加速すると同時に無形サービスを提供する業界においては弱肉強食(マーケット化)が進むのではないかと思います。

コンサルティングや、デザイン、クリエイターまでも含め今まで売れっ子の方々にとって移動時間は多くの仕事を手掛けるうえでの大きな障害です。物理的に移動に時間がかかるだけでなく、移動は疲れますし。

ビデオ会議はこれまでも行われていたものの、現場の手触り感のようなものまで遠隔で感知でき、移動不要になると売れっ子はさらに稼働時間を増やすことができます。

例えば私の知人のミラノの空間デザイナーさんはこのコロナ下でもNYや日本のプロジェクトは変わらず受け遠隔でまわしてしまっています。

サービスを受ける側からすると、これまで地理的に近いからお願いしていた相手も、遠隔でやることが普通になるならば同じ国である必要もないので言語さえ通じれば選択肢が増える。
いいこと多いですね。
正直、Zoomで映像をオンにする機会はほとんどなく、その人の映像がそこにあるメリットはあまり感じていません。
一方で、「これでいいですかね?」と同意をとるようなときに、目配せとか頷きとかのノンバーバルなコミュニケーションは結構必要としているなぁと感じます。画面オフだけど、頷きは検出して教えてくれる、くらいが自分的にはちょうど良いです。
取材していて、とてもワクワクしました。動画を見るだけで、未来のオフィスが一目でわかります。玉城さんが最後に触れているように、「遠隔技術が発達したら、人々は環境のいいところに住む。日本は人気になるかもしれない」という言葉を受けて、今後自分がどこに住みたいのか、改めて考えさせられました。
ビデオ会議を代表に、二次元でのコミュニケーションの限界を感じつつある現在、Non Verbalの情報を伝えられる手段として、このような技術の活用に注目したいですね。非言語情報を無意識にキャッチしようとして、ビデオ会議疲れが生じていると思う。人間のコミュニケーションの進化は、技術革新の進化とは異なる時間軸で移り変わっている。個人的には、ユースケース次第かと思うが、あのゴーグルをもっとカッコいい感じに出来たら…と思う。
場所を選ばずに働ける様になる、というトレンドは進みそうですが、記事の最後に出てくるような「国を超えた人材流動性」というのは難しい気がします。

特に各国で失業率が上昇し、自国中心主義が高まっているなかで、外国人を雇うインセンティブはかなり小さくなっています。テクノロジーが実現しても、規制・政治の壁を乗り越えるには時間がかかりそうです。特に昨今のアメリカでは、明るい兆しは見えません。
本命は、これだと思います。これは、本当に実現して欲しい技術です。

https://tech.fb.com/inside-facebook-reality-labs-research-updates-and-the-future-of-social-connection/

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
通信環境にもよると思いますが、音声と映像がタイムラグなく伝わるだけでも随分コミュニケーションの質が変わると思います。
この連載について
もう「コロナ前」には戻れない。新型コロナウイルスによって、世界は一気に変わってしまった。私たちの生活やビジネスは、これからどう変わるのか。気鋭のプロピッカーたちが、テーマごとにコロナ後の世界を予測する。