新着Pick

東京都で新たに34人の感染確認

TBS NEWS
新型コロナウイルスについて東京都で2日、新たに34人の感染が確認されたことが分かりました。  都内の新規の感染者数は、先月31日が5人、1日が13人と、10人前後で推移していましたが、先月14日以来、19日ぶりに感染者が30人を超えたことになります。  新規の感染者が20人を大きく超えたことなどを受け東京都は、「東京アラート」の発動の検討を始めました。
491Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
北九州市のようにエリア別の感染者データを公表すべきだ。東京都といっても歌舞伎町もあれば丸の内もあり東の下町もあるし西の多摩地区もあり、人口1400万人で広いのだから漠然と感染者数を示しても行動指針にはならない。
この内約半数が院内感染や感染者の濃厚接触者です。院内感染のメカニズムに、人々の行動変容の影響はあまりありません。感染者数を感染流行の指標にするのであれば、まずはそこを差し引いて考える必要があるでしょう。

また、検査のキャパシティが増し、4日間の待機指示もなくなった今、「2週間」の遅延をもとにした判断は正確ではありません。誤解されている方も多いようですが、この感染症の潜伏期間は、中央値4-5日です。すなわち、多くの方が感染してから4-5日で発症するということです。

言い換えれば、今日診断を受けた感染者の方が発症初日に病院を受診していれば、その感染者が感染したのは大方1週間以内の出来事です。

そもそも市中感染の数字を誤差範囲と捉えるか増加と捉えるかという問題もありますが、増加と捉えるのであれば、正しい理解として、この数字は、緊急事態宣言解除後の行動の変化を反映している可能性があるとの視点も重要だと考えます。
この数字が抑止力となればよいですが。
最近ハイリスクな環境は夜の街とのこと、生きていればまたいつか思う存分行けますから、今は控えて頂ければ。。
電通やパソナといった表のグレーな人たちに何十億円ばらまくよりも、裏のグレーな人たちに同じ金額渡して、歌舞伎町始め夜の街の自粛を続けてもらう方が恩恵受けるすそ野が広くて、社会全体のコロナリスクも下げられてよいと思うんだけど
院内感染、キャバクラホストクラブ感染を除いた、「正味市中感染」を知りたいところですね
夜の街はガイドライン的にはまだ自粛要請は解けてないですが、経済的に開けざるを得ないということなんでしょう。開ける側はまだ理解できるけど、行く方は覚悟の上ってことなんでしょうかね、、
今から2週間前のふるまいが、ここ数日の数字につながっている。解除後の「いわゆる緩み」ではないことを忘れてはいけない。

2週間前と今を比べると、最大の違いは、高い解像度で産業別、業態別、エリア別の感染構造や、経路、世代など属性別の人の動きが見えるようになってきていること。

結果として、「経済社会活動をザクッとすべて停止させる」という「大は小を兼ねる」的な守りの固め方から、「ピンポイントで抑え込むべき」活動(業態、時間帯、地域、担い手)を「叩く(hammer)」ことが可能になりつつある。

「大は小を兼ねる」叩き方は効果は大きいが、ダメージや負担も大きい。これは外科手術に違いイメージ。「外科的侵襲」は正確かつ確実で、ピンポイントであることが望ましい。
しかも、5月14日以降、順次追加されている「業種別ガイドライン」がある。その内容を状況に応じて例えば週次で微調整することもやろうと思えば可能なはずだ。

さらに言えば、もう完成に近い「接触通知アプリ」が一気に社会に浸透すれば(そうするべき)、事業運営側をガイドラインでコントロールしつつ、サービス利用者側の守りを固めることも可能だと思う。

われわれは、進化して来ている。
一喜一憂せず、やるべきことを慎重にやる。
それに尽きると思う。
収束とは振幅を伴うプロセスですから、それこそ一喜一憂しても私は仕方がないと思います。ちなみにグローバルに、徐々に増えている傾向が窺えます。しかしそれも、収束までの過程につきものな振幅なのではないでしょうか?
東京都で新たに34人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたとのこと。
これまでかなり少ない人数で推移して来ましたが、ここへ来て数字がまた増えてくるとなると心配にはなりますね。
街には既に人出も戻っていますし、大きくコントロールするにはなんらかの手立てが必要になるのかもしれません。

ちなみに1日の感染の確認が30人以上となるのは19日ぶりだそうです。
下記の報道も出ています。
【東京都の武蔵野中央病院でクラスター 計31人が感染】
https://digital.asahi.com/articles/ASN624R4BN62UTIL00W.html?ref=tw_asahi
今日の32人の半分くらいが武蔵野中央病院の院内感染。残りは夜の街。院内感染では一般人の自粛はほとんど意味をなさない。市中の感染拡大を抑えるためには夜の街対策が必須。この記事の戦略は理に適っていると思う。

だから前々から言ってる「風営法で夜の町ロックダウン」の永江案はコレだ
https://www.landerblue.co.jp/50767/

※※※
1 風営法を改正
↓ 
2 感染症拡大時は各県の首長が相談して公安委員会が対象業種に閉鎖を命令。違反は逮捕。

3 そのかわり、8割の売上や給与保証を行う


きちんと「強制」と「補償」をセットにする。「自粛」だからキャバクラさんたちは平気で営業していたわけで強制するならそれなりのことをしないといけないが、全産業より同席付き夜の街で済めば万々歳。


しかし国税庁が明らかにしているが、一番脱税件数が多いのが夜の街の接客業でキャバクラだ。いままでちゃんと申告していたキャバクラやキャバ嬢は補償してもらえるが、申告してなかったら微々たるものだがそれは自業自得。wそして来年からは、正直に申告するようになる
※※※


もちろん「強制」と「補償」をセット。ただそれは今まできちんと真面目に納税した人たちに対して。正直者が報われる。そうありたいですね^^
緊急事態宣言があっても、数値が毎日報道される中で、我慢の限界がきて動き出して一定感染するということ。
一方で、だからといって緊急事態宣言に意味がないかというとそうではないと思う。我慢している人がいなければもっと活動は活発だったということ。

一定の感染はしょうがないと思っていて、どれくらいの状態の時に何割減を目指すべきなのか、何回かコメントしているがそこがポイントだと思う。