新着Pick
435Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
こうしたテクノロジーの活用は期待したいですが、3年前のメンバーはもう他のことしていそうな気も。。

別件ですが、Amazonの透明性は、より別なところに必要かもしれません。
https://jp.techcrunch.com/2020/01/31/2020-01-30-amazon-government-demands-data/

最後に、紙ナプキンに書いてあるのかと思いました。
人気 Picker
これだけ読むとブロックチェーンのどのような特許なのかは分かりませんが、物品のトレーサービリティーにブロックチェーンが有用なのは間違い有りません。
ブロックチェーンは、サプライチェーン上の物の動きに認証を与えるものです。
ここに特許を出すとなると、一般的な使い方だと思っている多くの人は、困るはず…
これにより偽造品、模倣品対策が強化されるのかは注目。ECの普及で偽造品問題は大きなものになっている。今回のコロナでさらにECの需要は高まっていることを考えると、サプライチェーンにブロックチェーンが使われ証明されることは必要になってくるかも知れない。
ECにて一番大事な"商品の信頼性"に関して、Amazonがブロックチェーンを軸とした技術で特許を取ったとのこと。
コアとなる技術に研究を重ねているのは流石すぎる。

分散型台帳技術(DLT)という技術。
"ブロックチェーンを使って「デジタル信用を商品のサプライチェーンの起点」から最後の1マイルまでを網羅すると記載されている。つまり、消費者が購入した商品の信頼性を証明するシステムだ。
このシステムは、配送業者、製造業者、送り主からのデータを「オープンフレームワーク」に集約し、情報サイロ(ここでは、各社の情報システム)を超えて商品の由来を明確にする。"
ブロックチェーンに関しては申請と承認までタイムラグがあるので、3年前にAmazonがブロックチェーンに関して特許を申請していた事実の方が活用内容よりも驚きです。
amazonの規模に達っしてしまうと…確かに、いろいろな面でブロックチェーン技術が必須になる可能性もありますね…あくまで可能性ですが。

そう言う意味では、amazonの数倍のトランザクションがある阿里巴巴が、どのようなオペレーションを考えているかも興味深いですね。

特に「偽物対策」に関しては、どのような違いがあるのか?ないのか?知りたくありませんか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
分散型台帳技術って、ブロックチェーンそのものじゃないでしょうか?

ブロックチェーン技術を使うのであれば、もっとインパクトのある記事になると思いますが・・・もしかして「似て非なるもの」???
製造業でも今後、SCMへのブロックチェーンの利用が進むのではないでしょうか?製造品について、偽物流通防止など、メーカーにとっても深刻な問題なので
ブロックチェーンの本質は「信頼がないヒト同士を技術により(仲介なしで)無理やり繋げる」ことだと理解しています(例: ビットコインは見知らぬヒトに銀行システムなしで価値を送れる)。
正直、Amazonほど世界的に市民権を得て信頼のある主体ならブロックチェーンや分散台帳を使う意味は薄いと思います(Amazonのデータベースというだけで正当性があるため)。逆をいえば、同様の仕組みをスタートアップ(例: everledger)がやるなら意味は大いにある
ブロックチェーンの無駄遣いが世の中に散乱してますが、これは好例。ざっくり言うと自社以外の第三者も使うこと、改ざんを防ぐメリットがあること、がキーポイントかなと。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
184 兆円

業績