新着Pick
722Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本記事に対する私たちの決断のスタンスは、運用期間に制限があり、上場後は適切なタイミングで売却を原則とするというVCファンドのスタンスでの判断です。

ここに挙げられた会社はどれも素晴らしい会社で会社の価値やグローバルなビジネスの機会は疑いの余地はありません。長期間保持することが可能な、所謂バリュー投資が可能なストラクチャーや上場後も自分たちが信じた価値に達するまで待てる場合であれば同じ判断とならないのは言うまでもないありません。

ただし、私たちが見ている点、(同種の会社との価格比較、Exitシナリオの分析、共同投資家、ビジネストラクション)は最低限考慮すべき点だと思います。何かの参考になればと思います。

ただ、長らくビジネス開発をしていた結果、有力案件を見送るというチームはかなりショックを受けますし、ガッカリはしてしまいますが、規律を持つというのはファンドマネージメントとしてはとても大切なことだと考えています。
投資方針や戦略は各投資家(VC、CVC等)様々であり、正解はないと思います。今回挙げられているスタートアップのサービスが素晴らしいのは疑いの余地がありません。我々も幸いにも投資ができた有力案件もありますが、その影にはSpotifyやDeep Mindを始めとして「逃した魚は大きい」案件も大量にあるのは事実です。また何名の方もご指摘されていた通り、何をもって投資を成功とするかは投資家のタイプによっても異なります。

重要なのはスポーツ同様「フォームをコロコロ変えないこと」だと思います。良さそうな案件ごとにコロコロとフォーム(≒投資スタンス、重要な着目点等)を全く違うものに変えていれば、いつの間にかフォームは崩れてしまいます。「有力VCと共同で投資する」、「日本展開に関するデータポイントをパートナーとともに取得する」、「価格センシティブになる」という点などがSozoのフォームです。当たり前のことではありますが、有力案件を目の前にすると「今を逃すとチャンスはない!」とフォームを変えたくなる誘惑に駆られることもあるのは事実です。しかしながら目先の結果に一喜一憂せず、今後も地道な活動を続けていきたいと思います。
Uberに投資した、Slackに投資した・・・そう聞くとバリュエーションが伸びているユニコーンやデカコーン企業に投資した、すごい枠を勝ち取ったんだ、という理解でした。

でもSOZOベンチャーズの取材をすると、それだけでは何も証明していないということがわかりました。ここで一緒に見るのは「いつ資金を入れたのか、そして誰と一緒に入れたのか」ということなのだと。非常に勉強になりました。

投資に成功したか、魚を逃してしまったかという事で言えば、成功した案件をしっかりとポートフォリオカンパニーとして並べるとともに、失敗した案件を並べるVCもあります。べセマベンチャーパートナーズは「我々が見誤った企業に敬意を評して」としてAirbnb,Apple,Google,Facebookの名前と背景が述べられていてとても興味深いです。ここまで明かせるのも、逆に彼らの強さの裏返しであると思います。
https://www.bvp.com/anti-portfolio
「有名ユニコーン企業への投資チャンスはありますが、辞退したケースも多くありますよ」。SOZO Venturesへのインタビューを重ねる中で、私はこのセリフを聞いて、好奇心に火がついたのを覚えています。

ユニコーン投資といえば、華やかな注目企業への投資として理解されます。そして大きな時価総額に目が行くものですが、投資として見るべきなのは、いつ、だれが、どの金額で、どのような戦略で入れたか?ということです。これを理解してゆくと、無数の投資家のうち、誰が勝ち馬で、だれが負け組なのかがおのずと浮かび上がってくるのです。

当然、ダイヤの原石であるユニコーンを、早くから投資するだけが正しい訳ではありません。IPO直前に、大きな金額で投資する投資銀行やビジョンファンドなどの存在も、ひとつの勝負のスタイルではあります。ただし、その場合は、長期的なマクロ経済のアップダウンを吸収する仕組みを備えるなど、相応の成熟したノウハウが必要ということです。

ほとんど明かされることのない、ユニコーン投資の舞台裏をご一読ください。
普段あまり明かされないVCの投資のリアルな判断が、スルーした案件も含めて詳説されていて貴重な記事。高値づかみしないよう、過去の出資者が抜けていないか調べる、過去の出資者に話を聞くなど、基本動作としてレファレンスをとるのはやはり大事なんですね。

事業会社でも、特に上場企業はM&Aや新規事業などの投資に規律が求められますが、「投資が本業」のVCには、その規律のあり方を学ぶところ大なのかもしれませんね。
VC投資は、”インサイダー”としての投資ステージで参加できるかというのが一つの大きなポイント。スタートアップへの投資でも、ステージが後半になると、最近はもはや従来のVC投資のラウンドから外れているグロース投資になっていることも多い。早すぎる投資は、グローバル化にまだ興味が出てこないタイミングで、提携や日本への興味が薄すぎることが多い。一方、トップVCとのインサイダーの投資以外は弾くと、”何も投資するチャンスがない”ということも多く、早すぎる投資と遅すぎる投資をやらざるを得なくなるファンドが現実には多い。
逆に見ると、高値でも誰か投資してくれる場合もあるということだとも感じました。

起業家に求められるのは、”Fake it till you make it”! 自らの信じる価値を安売りしないこと。まだ実現する前の今に価値を見出して起業しているわけではないのですから。

お互いシビれるネゴシエーションです。
Deep mind なんて、ほぼ同じタイミングで三倍もの価格差をどう交渉していたのかとリスペクトしかありません。
「販売チャネルを獲得するなど、純粋なベンチャーキャピタルとは違った狙いがある。しかし、それでも高値づかみは否めない」。BOXの時価総額は今も3Bあって事業会社の投資としては悪くない。キラキラ投資の失敗例として繰り返し言及するの不自然では
投資で成功の鉄則は
割安又は適性価格で、投資すること。

株価が割高だとして投資を見送ることができるのは
成功する投資家の条件。

ただ、これは、分かっていても
なかなかできない。
特に実績や経験がない状態だと。
オプトの後半、投資側時代を振り返ると、思い出すと毎度毎度耳が痛い。。。スルーする勇気と投資する勇気どちらも大事なんです
"ランダムに、キラキラ銘柄に魅せられているようでは、博打をするのと変わらなくなってしまうのだ"
この連載について
アップル、グーグル、フェイスブックを育ててきた、シリコンバレーのベンチャー投資産業。その輪の中にいる投資集団「SOZO」が、初めてベンチャー投資の舞台裏を案内する。