新着Pick
167Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トランプ大統領は、メディアはフェイクニュースとたびたびツイートしていますが(最近は贔屓にしていたFOXまで叩いたり、昨日も批判的なメディアがレイオフしたのをざまあみろと言ってみたり)、本人の言動からして明らかな嘘や些細なことを針小棒大に騒ぎ立てたり、権威を利用して自分に都合の良い事を事実に仕立て上げようとしているとしか見えない部分があります。

それも含めてアメリカ人の言論の自由は懐が深いのかもしれませんが、なぜSNSがファクトチェックをやるようになったかというと、圧倒的な拡散力があるゆえ、嘘をウソと見抜くのを受け手ばかりの責任にしておくと、悪用しようとする人物、団体、諸外国によって真実のような嘘が拡散され、民主主義を破壊されかねないという懸念からです。

刺激的なウソはあっという間に拡散されて、後でウソと指摘されても、面白くないそれは拡散され辛いので誰も気づかないという構造的な問題もあります。

ちなみに、フェイクニュースを広めるのは一般人ではなく、政治家、有名人、起業家など影響力ある人だという調査結果もあります。なので身元が知れてるからいいだろうというのは成り立たないと思います。(日本でも政治家が明らかなデマに乗って指摘されることがよくありますよね)
https://media-innovation.jp/2020/04/10/infodemic-in-covid-19/
もうおっしゃってることが高度すぎて理解できません。グレートアメリカ。
自分のツィターが「根拠なし」とタグをつけられると、急にそのような態度をとる。
それよりもご自分のツィターを辞めたらどうか。
さすがに暴君過ぎるだろう
自由な主張をする場ではあるけど結局は民間企業がやっているサービスに過ぎない
それがどれだけ社会インフラ化しようとも一企業の方針ややり方を権力で抑え込むようなことはあってはならない
米国が忌み嫌う某国のようになるつつあるけど自覚はあるのかね
その気持ち、よくわかります。SNS広告をいろいろなパターンでアップするのですが、ほとんど強制終了になります。理由を聞いてもわからない。普通にウェブセミナーへの参加を呼びかける案内なのですが・・・。
閉鎖を口にするのは、言語道断です。
中国を批判できないです。

今回、Twitterはツイートを削除したわけではなく、
「ファクトチェックが必要」という注釈をつけたです。

トランプさんは、気にいらないなら、「事実を言っているのにファクトチェックマークがつけられたのは、ツイッター社の恣意的な言論規制だ」と
ツイートすればいいだけです。
(それにツイッター社がさらに「ファクトチェック」マークをつけるかどうかはみものですが、たぶんそのままにするのではないでしょうか。)
大統領とは言え、こんなことが簡単にできないとは思いますが、これを発言してしまうことも含めて、トランプ大統領らしいといえばそれまでなのかもしれない。
トランプのTWITはWHOへの書簡を公表するなどもはや行き過ぎ。TWITTERもこういったことに利用されるのでは、たまったものではないと思う。見るよう、TWITするほう、双方のマナーというかエチケットというか、利用リテラシーというかが求められる
ツイッターじゃなくて自身でHPでも作って発言したらいいだけなのに。既存の無料プラットフォーム使わせてもらっておいて、方針に文句があるなら他のプラットフォームにいくか、プラットフォームを作ればよい。
アハハハ!これは面白いな。

今まで、新聞はクズや国民の敵だけど SNS のおかげでそれらの嘘がもう通らないみたいなスタンスだったけどよく変わりましたね。

逆に、ツイッターが今までよくこんな利用規約違反を許しましたね。

中村さんの仰る通り、中国の TikTok またはロシアの VK に登録すればよいです。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
5.64 兆円

業績