新着Pick
464Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
個社の事業投資はありながらも、産業全体にインパクトを与えるものなのか? という問いが増えてきているように思います。"産業経営"というコンセプトはとても面白いです。

産業自体のDX構想は一見派手なのですが、実際にはどこから開始するか、どこで収益をとりながら進めるのか含めて、かなり現実的な議論との往復になります。

なぜ商社であるうちが勝てるのか?という競争優位性の話にもなりますが、競争優位性を持った企業を買ってレバレッジをかけるという選択肢があるのも、総合商社の強みだと思います。
人気 Picker
「産業全体をDXで変革する」というのはちょっと遠い話に聞こえますが、これまでの商社が築いてきた強みを活かして、デジタルテクノロジーの周辺領域で稼ぐオプションは幾つかある気がします。

・Hereの例の様に日本市場・アジア市場でのディストリビューターとなる。
・サプライチェーンの上から下まで関わっているコネクションを活かし、「地域で異なる面倒な規制」「慣習の違い」「情報共有のハードル」などを乗り越えた利害関係を一致させる、ファシリテーターとなる。(もしくは垂直統合で自社の傘下の中でオペレーション改善する)
・工場、鉱山、油田、倉庫などの投資先に持っている「現場」を活用して、スタートアップが持っていないテクノロジーの「実験場」を提供するパートナーとなる。

一方で、本丸のテクノロジー人材は、社内で育成するのは難しいですし、一流の人を取るには高給や特殊な待遇で惹き付ける必要があることを考えると、商社らしい価値提供の仕方をするのが現実的ではないか、という気がします。逆に上で挙げた様な機能は、テクノロジー企業からすると自分達で整えるのが難しいので、ニーズは高いのではないかと思います。
変わるためには人材戦略がキーだと思います。

商社はこれまでも縦割りを打破し横串を差すと謳った事業投資を行ってきました。
例えば、中国や東南アジアの企業に出資する地理的な横串など。

ただ、なかなか想定したようなシナジーが生めなかったという結果になることは珍しくありません。
理由はいろいろあると思いますが、会社内でその出資背景の説明があり、本日よりシナジー創出を念頭によろしくお願いいたします。と言われたところで、自分が持っている予算達成に良い筋だと思えなければやりません。

かつ、シナジーに関わるものは社内の関係当事者が増え、報告増えるためむしろ面倒だから極力避けたい。と思う人も。
(頭いい人が多く突っ込んで来る上司が多いので、そういうのからは極力逃げてました)

今回のDX投資もデジタルという観点からの相乗効果促進的な取組みです。
そのためには、自ら「俺の出番」だと自信をもって取組める人を増やすのが有効的な気がします。

伊藤忠は2015年に中国人材1,000人プロジェクトを打ち出し、中国に派遣されてました。
そうやって得意分野が増えていった人は中国でのビジネス創出に対する能動性が変わります。

DXも言語のようなものとも言えるので、それを経験した人材をいかに生み出し、シナジーが生まれる仕組みが作れるかが重要だと思います。

三戸政和著「営業はいらない」において、日本の営業マンの業務時間における移動時間は19%とのこと。

例えば今回のコロナの影響で物理的に時間が奪われる出張が減ってもある程度ビジネスを維持できそうとわかり、5人でやってることが4人でできることがわかれば、1人を思い切ってデジタル人材としてどっかのベンチャーにでも期間限定でかわいい子に旅をさせる。

組織長たちが、そのくらい思い切った変革を行う会社があれば個人的には楽しみです。
本来、商社はDXと相性はとてもいいはずです。シリコンバレーにもデジタルのトップの方がいらっしゃったり、事務所を構えられてますが、本社の理解度や資源・人材の投入規模で結果は大きく変わるでしょう。資源安の影響は大きいですが、今は千載一遇のチャンスだと思います。
各産業のサプライチェーンを押さえている商社、DXによる効率化や新たな事業機会はかなりあるはず。
投資している事業会社同士の連携をデジタル推進の横串機能でどうコーディネートできるか。
記事中にも出てきますが、商社×DXの領域に、webやインターネットの人材がどんどん入り込んで行くのだろうと思います
大手商社はICT組織を元々つくっていたので、DX組織としてリソースもさらに投下したイメージです。
メモ
世界のDX市場は2022年に1兆9700億ドル(約214兆円)
この連載について
総合商社のビジネスモデルが転換点を迎えている。非資源事業で安定的に稼ぐ構造へとシフトを進めてきたが、いまだ資源価格の影響を強く受ける体質であることが、2019年度決算で明らかになった。総合商社のビジネスモデルは今後、どのような方向に進んでいくのか。社会に新しい価値を提供することができるのか。大手5社の最新の動向を探る。